コロナ 中国 責任 取れ。 世界で“コロナ死”370万人の悲劇「だれが責任を取ってくれるんだ!」ウイルス起源の徹底究明が再発防止の鍵(FNNプライムオンライン)

封鎖が成功したのではない ブリンケン長官はNBCとのインタビューで、台湾についても中国に警告した
SCMPは環球時報を引用する形で報じたが、SCMPもオーナーは中国有数の大企業、アリババであり、中国の影響下にある トランプ大統領はロイター通信のインタビューで、中国政府の対応を見ると、11月の米大統領選で自身が敗れるのを強く望んでいるようだと発言
コロナで直接戦争はわかりませんが、北朝鮮も今金正恩が重体らしいので、死んであの国で内乱でも起こったら地域での勢力図が変わってくると思います 台湾の自由時報がまとめたところによると、その賠償額は世界で1,532兆台湾ドル、日本円にして5,464兆円にのぼるということです
中国との戦いは一筋縄ではいかない これに対して、中国国営メディアは流出の可能性を改めて否定するとともに、「陰謀」だと反発している
2013年に中国雲南省のコウモリが生息する洞窟で発見されたウイルスと最も近い種類だという 武漢は安定だろうよ
日本の大企業はもちろん、多くの中小零細企業が中国と取引している しかし、調べてみると、別にまとめている不顕性(無症状)の感染者は新たに28人いる
武漢にはウイルス研究所が2つあり、そこからウイルスが流出した可能性も噂されています 判断できないときは専門家に委ねますと言って、都合が悪いと自主研究と言う
」 アメリカの議会上院は5月26日、アメリカ情報機関が公開していないウイルスの起源にかかわる情報の開示を求める法案を全会一致で通過させた 韓国はその間に崩壊している可能性はあるが、すでに死に体の韓国よりは中国への関心となるだろう
対面による記者会見は中止され、代わりにテレビ会議やインターネット中継が行われた アメリカでは4月21日にミズーリ州のシュミット州司法長官が数十億ドルにおよぶ損害賠償の提訴を発表、テキサス州では20兆ドル、フロリダ州では6兆ドル、カルフォルニア州では8兆ドルなどの集団訴訟が提起しています
発展途上国で、人体実験しようと言いたいのかな…でも、「偏見と対立ではなく、理解と協力が必要だ」と、アメリカにもワクチンを輸出したい考えでもいる 中国は「民主主義国家の急所」を良く知っている

これに対し、韓国や米国など14カ国は、WHOの専門家チームが中国で完全なデータにアクセスできなかったとして、懸念を示した。

ホワイトハウスのジェン・サキ報道官も今年1月、新型コロナがどのように発生して広がったのかについて「必ず真相を明らかにしなければならない」と述べた。

4月3日公開コラムで紹介したように、ホーリー議員は早い段階から賠償を求めた対中強硬派の急先鋒である()。

つまり、新型コロナという未知のウィルスがこの世に登場してから、1年半近い時間が経っていることだ。

中国は国営企業を使って各国の市場を荒らし、企業買収などを繰り返してきましたが、逆にそれが仇となり、中国政府資産として差し押さえの対象となる可能性があるわけです。