バイデン 犯罪。 chen-tao-kwoon.com : バイデン氏、犯罪法「誤りだった」 州に責任と言及

35
マナフォードが実刑なら、ハンター・バイデンも実刑に処されるべき• そうなると、闇勢力は最後の捨て身の抵抗を行うのではないでしょうか? 「窮鼠猫を嚙む」です 2015年にはブリスマTOP2とワシントンDCでミーティングを開いている• 多くの国民が、現在では「投票所での選択を間違えた…」と後悔しているに違いない
【東シナ海問題】 実は、この闇の契約に関わるのは、南シナ海だけではない、中国が尖閣諸島に侵攻することも、オバマが干渉しないように約束した 万が一この情報がバレたら、「オバマも共犯だ」と自分の上司であるオバマの急所を握ったわけです
貧困の撲滅を目指し活動をしています 事前郵送投票をトランプに変更したいとの有権者からの問い合わせが多くある• 同紙はトランプ氏支持者が提供した情報に基づく新事実として、ハンター氏が所有するノートパソコンから同氏の犯罪行為を裏付ける情報が発見されたと伝えていた
TEL:03-6806-8903 FAX:03-6332-9990• 亡くなったウィリアム氏に、フランシスは約100万ドルの借金をしていました だが銃規制は政治的に非常に繊細な問題であり、その内容は比較的控えめなものにとどまっている
ハンター・バイデンの秘密口座に 果たして、日本の政界、学者、著名人の中には、同じような罠に引っかかって、必死に日本の国益を売って、中国を擁護してる、そのような人物はいるのでしょうか?. 本人は飲酒運転を認め、5か月以上の保護観察、20日間のリハビリが科せられました
その後、オバマが10億ドルの1割くらいを手にし、9割はジョー・バイデンのポケットに入りました 同法は米国で大量投獄の根本原因になったと一般に受け止められている
ここまでくると、「当選はどっち?」という議論すら無用に思えます 英国に本部を置く国際団体「民衆法廷」は昨年3月、強制臓器摘出に関する報告書、「中国・民衆法廷の裁定」を発表した
ただ、多くの民主党員が望む連邦レベルでのマリフアナの合法化までは踏み込まなかった 米議会は銃購入時の身元確認厳格化などの幅広い対策について合意に至れずにおり、バイデン氏は今回、大統領権限を行使した6つの措置を発表した
ところが、2013年の薬物検査で コカイン検査で陽性と判定され、米海軍予備役を除隊処分となっています 同氏は「中国側の対応遅れで新型コロナウイルスが米国で大流行した
2018年 クラブで薬物パーティー 2018年、ワシントン州の某クラブでの薬物使用で現行犯目撃された
39
ハンター・バイデンは中国のエージェント(ロビイスト)だと言える• バイデン犯罪についてジュリアーニ氏の発言• )これは、 国家的な政治家、有名実業家、メディア王、そしてハリウッド・スターたちを巻き込んだ、国家レベルの組織的な犯罪チェーンである・・・ 中国の大物スパイ「パトリック・ホー」についてNYタイムスから取材要請が来ていることを発言• ハンター・バイデンがビジネスパートナーだったこと• その中でもっとも悪質なのは朝日新聞です
バイデンの中国取引きに関して内部告発者が登場• 私自身は、2019年10月15日の記事を書いたときから基本的な考えは変わっていない バイデン家は、イラク、ウクライナ、中国、ルーマニア、ロシアなどの国々から賄賂を受け取っている• 11月3日に投票日が迫った米国大統領選挙では、世論調査で依然バイデン有利との情報がオールドメディアを中心に流され続けている
同氏はさらに「この調査により、自分とバイデン家の間の全ての事実について非常に深い理解が得られた」と述べた 2020年11月3日のアメリカ大統領選挙は実施されず、トランプ大統領続投が決まる流れになるでしょう
そして、なんらかの経緯で既にハードドライブの中身を閲覧したホワイトハウスの官僚、報道官、記者、評論家から集まった衝撃な情報の断片は以下の通りです これまで、郭文貴氏はチャイナからウイルス研究に携わる上級研究員が欧米へ亡命したニュースなど、チャイナ関連のニュースをいち早く報じている
バイデン疑惑は、ジョー・バイデンが当時副大統領の地位であることを利用した 「職権乱用」や 「利益相反行為」でした メディア(ワシントンポスト、ニューヨークタイムズ・ABC・NBC・CBS・MSNBC)はこの犯罪を隠蔽している!• バイデン家は賄賂だけではなく、組織的な犯罪資金マネーロンダリングをやっている可能性• 実は、店長アイザック氏がFBIに電話をかける際に、「犯罪の可能性が高い、血だらけの子供が写ってる写真があります」と伝えました
トランプ側の選挙対策本部長であったポール・マナフォート氏も外国エージェント登録法違反で47ヵ月もの実刑で服役している• トランプ氏は2016年の大統領選で、本選直前に対立候補ヒラリー・クリントン()氏の誠実さに対する疑いの種をまくことに成功
そのまま90日間が経過しました 報告書は「大規模な強制臓器摘出は中国各地で長年続いている
当時、CIAを逮捕した国家安全局の局員の名前は高輝、馬永平です 処罰は取り返しのきかない社会的ダメージとなり、中には少年院送りを契機に本格的な反社会勢力のリクルートを受ける子も出てくるでしょう
政治活動も順調で、1978年の選挙に続き、1984年の選挙で3選を果たすなど、ベテラン議員の仲間入りとなります さらに車内では、 規制薬物であるカリソプロドールとロラゼパムの薬瓶が見つかったそうです
ジョー・バイデンはこれからもウソを吐き続けるだろうが、その嘘を一つ一つ暴いていく バイデンは外国エージェント登録法違反で投獄では?• 民主党が当選したら、どれだけ悪夢の日本になるか、今回も引き続き、ジョー・バイデンの息子のハンター・バイデンが所有していたノートパソコンから明らかになった民主党の犯罪を暴きます ひょっとして、国家安保を脅かす重大な犯罪として、バイデン氏は大統領選挙直前に立候補資格が剥奪されるという、アメリカの選挙史上最も茶番な展開になるかもしれません