三十路 意味。 【難読】“にじゅうろ”じゃない! 「二十路」の読み方|「マイナビウーマン」

三十路を用いた例文としては、「もう少しで三十路になります」や、 「彼はああ見えて三十路に近いです」のような使い方で用いられています。

というコトがこの格言から分かる。

少々古い辞典では「みそじあまり【三十路余り】」の見出しで「三十歳代」としているものもある。

熟字訓と言われる読み方は特殊で、あらかじめその言葉の読み方を知っていなければ、読み方が分からないものがほとんどです。

こうした宗教社会では、女性は負の要素の象徴として、あるいはその元凶として描かれることが多く、こうした記述はミソジニーの表れであると評価される [ ]。

では三十路の正しい読み方は、「さんじゅうろ」「みそじ」どちらなのかを見ていきましょう。

現在ではもっぱら年齢を数えるのに用いられるが、古くは物の数を数えるのにも広く用いられていた。

また 三十路の類義語としては、「而立(じりつ)・中年(ちゅうねん)・壮年(そうねん)・年増(としま)」などの言葉が挙げられます。

攻撃的なをもって女性を嘲罵する一方で、当の女性たちからの熱い支持を受けもする。

活気がまるでない。

38
実は、10歳から90歳まで、それぞれ十路がつく読み方があるんです! 10歳は十路(そじ)、20歳は二十路 ふたそじ 、30歳は三十路 みそじ 、40歳は四十路 よそじ 、50歳は五十路 いそじ 、60歳は六十路 むそじ 、 70歳は七十路 ななそじ 、 80歳は八十路 やそじ 、 90歳は九十路 ここのそじ となります。 四畳半よりもやや広い。 が、しかし、現代を生きるオッサンのオレにとって、18歳の娘なんぞ、輸入される前のフィリピンバナナの如く、青臭くて食えたものではないように思えるが… 医学の発展や、食生活が安定し、暖房や冷房によって暮らしやすくなって、「死」が遠い存在になり、のんびり生きるコトができるようになり、結果、面構えものんびりして、眉間にシワを寄せるコトもなくなった結果、顔も老けなくなって、例えば、昭和30年頃の40歳と平成の40歳と見比べても、若くなった。 スポンサーリンク. だとすると国語辞典も今後語釈を変えなければならない。 男性側のミソジニー [ ] 男性側のミソジニーの例として、女性に対するや、制度的などに加えや、テクストなどにおける女性を憎む表現などが挙げられている他 [ ]、逆に男性に対する制度的差別や身体的差別等に対する意思などが挙げられる。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 対義語には、「女性や女らしさに対する愛好」を意味する (英: philogyny)と、「男性や男らしさに対する嫌悪」を意味する (英: misandry)の二つがある。 ( 2006年9月) ミソジニー (: misogyny) とは、やに対するや蔑視の事である。
54