不 平等 条約 改正。 岩倉外交が不平等条約を改正できなかった理由

19 1

アーウィンは,慶応2(1866)年に来日し,三井物産や共同運輸会社の経営に関わったアメリカ人です。

井上の考えは、ヨーロッパに倣うことはヨーロッパと並び立つためだったのである。

日露講和会議の直後に,イギリス,アメリカ両国より,駐日公使館を大使館に昇格させ,日本と大使を交換する準備があるとの意向が伝えられました。

総選挙は、政府側の干渉があったにもかかわらず民党が多数を占め、第3議会では選挙干渉問責がなされた。

しかし、交渉とは本来、対等に行われるべきで、条約締結とはお互いが納得したうえで行われるべきです。

」 条約改正を達成した日本は間もなく、に突入します。

54