感電 米津 歌詞。 米津玄師『感電』歌詞の意味を考察!過去曲との繋がりから新たな世界観を読み解く。

歌詞の「肺に睡蓮」が奇病と仮定するなら、2話のラストで志摩が伊吹に言った 「お前は長生きしろよ」という台詞を思い起こさせます。

曲の頭から爪先までどこをとっても米津米津米津…… 誰が聴いてもわかりやすい名曲『ピースサイン』『Lemon』『TEENAGE RIOT 』…といったいわば「表米津」と、聴けば聴くほどジワジワと耳が侵される『駄菓子屋商売』『ゴーゴー幽霊船』『ポッピンアパシー』『でしょましょ』…の「裏米津」の融合、キャッチーと難解のいいとこ取り…食べ放題… 米津ビュッフェが、いま開催された…… 『感電』というソリッドなタイトルとは裏腹のユルリとしたメロディに「ピョイーーーーン!」「ポョーーーーーン!」「チィーーーーーン…!」「コロロロロロロロ……」とふざけ散らかした謎の音がふんだんに組み込まれた狂イントロ。

睡蓮は成長し、最終的に死んでしまう)から着想したものだとすれば、「遠くのサイレン」は救急車、そして「響き合う境界線」というのは生と死の境界線…これをふまえドラマの内容に改めて着目すると2話で明らかになった「志摩は相棒を殺した」の本当の意味や、志摩が伊吹に言った「お前は長生きしろよ」ともかかってドラマが進むにつれ曲に込められた真意が…… …とか色々バカみたいに考えてたんですが曲聴いてたら最高すぎてどうでもよくなってやめました〜〜〜!!めんどくせぇ!!頭で聴くんじゃねぇ感じるままに聴け!!だって曲名『感電』だからなオラ!!!. 現代社会に警鐘を鳴らす米津玄師の倫理観 上述した歌詞から推測するに、この歌詞は現代社会に対して反旗を翻すような生き方を示しているのではないでしょうか。

アンナチュラルの最強チーム復活! 「感電」はTBS系のドラマ 「MIU404」主題歌として書き下ろされた楽曲。

詳細は語られていませんが、彼の無鉄砲で論拠の伴わない行動理念が同僚と合わなかったのだと予想されます。

Cメロ 肺に睡蓮 遠くのサイレン 響き合う境界線 死や危険な状況を連想させるフレーズですね。

夢や目標に向かって必死に進んでいる最中は時間も忘れ没頭してしまうものでしょう。

この歌詞中で描かれるのはそんな気持ちを代弁した、もしくはこの社会に疑問を呈した物語なのです。

「転がした車窓と情景 動機は未だ不明」は彼の行動パターンを示唆しているように感じます。

13

要約なので言い回しは少々異なります。

このアルバムには空前のヒット曲のLemonや昨年のと共に盛り上がった馬と鹿も含まれます。

一見刑事の2人に共通するように思えますが 「困っちゃった」という表現から、 伊吹に 困らせられている側の志摩だと解釈しました。

2番Bメロ よう相棒 もう一丁 漫画みたいな喧嘩しようよ 酒落になんないくらいのやつを お試しで 正論と 暴論の 分類さえ出来やしない街を 抜け出して互いに笑い合う 目指すのは メロウなエンディング 劇中でも、伊吹と志摩はよく言い合いをしています。

曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し あたしあなたに会えて本当に 真っ赤な林檎に小さなランプ 震えていたのは君の手か 街がびしゃびしゃ濡れる夜 馬が走る黒いアスファルトの上 真っ逆さまに落っこちた どうやってあがいたって ヘッドライトに押し出されて 打ち捨てられた高速道路を あの日見渡した渚を さあ心の向こうへ行こうぜ 歪んで傷だらけの春 みなまで言わないでくれ 開け放たれたこの部屋には あなたの指がその胸がその瞳が 少しでもあなたに伝えたくて ありふれた毎日が懐かしくなる カムパネルラ夢を見ていた ねぇあなたの言うことは 逃げ出したい夜の往来行方は未だ 沈んでいく街の中溶けていった 何にも役に立たないことばかり さあさあさあ踊りましょうか 不意に見かけたブロンズの 好きなことが少なくなり 泣きたいときは歌うのさ バカみたいな夢を ちょっと病弱なセブンティーン ここは劇場街いくつもの映画を 掌をふたつ重ねたあいだ 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し いつの日か気がついたら 超弩級火を吐く猿天から 現れたそれは春の真っ最中 この街はこの街は 心像放映私に心を ねえどうしてそうやって 何もない砂場飛び交う雷鳴 ぼくは古い電燈砂漠の さあさ始まる新時代までの 潮溜まりで野垂れ死ぬんだ 嫌いだ嫌いだあなたが嫌いだ あなたは間違えた選んだのは見事 如何でしょあたしのダンスダンス 僕は君の友達君の愛を守る 大変だ心溶け出して辛い あなたが愛してくれないなら いつからこんなに大きな あの日眠れずに眺めてた 踊り場の窓から人並みを 歩いていたのは砂漠の中 この頃ひどい夢を見る 探し求めた感情がどこにも 袖丈が覚束ない夏の終わり 雨と風の吹く嵐の途中で 曲りくねりはしゃいだ道 翼さえあればと灰を前に 小さなバスで暮らしている 孤独の寂しさ噛み砕いて 悲しくって蹴飛ばした地面を強く ちゃんちゃらおかしな出で立ち 悲しくて飲み込んだ言葉 いつか僕らの上をスレスレに でもなんでこうなったんだ このキャンディが溶けて 宵闇に爪弾き悲しみに雨曝し あの日君に出会えたそのとき 君が街を発つ前の日に 素晴らしい一日始まる頃には あなたの思い出話を聞く度 熱っぽい夢を見てしまって これは夢かもしれない深く霧の 言葉が出ない何をしていても そんなこんな言う間に日が 誰かが歪であることを 簡単なことすらもう覚えてない 街の真ん中で息を吸った まちがいさがしの間違いの方に ああ煮えたぎる喉の奥 ねえ生まれてきた日を いつだって僕は君の髪の毛を. 米津玄師「感電」歌詞の意味を解釈!ドラマの雰囲気にピッタリ!【MIU404主題歌】|のあこスタイル またそれに続く祖母と孫娘のシーンでは、2行分の短いだったシーンの尺を演出時に長くして、歌詞の「きらめき」という言葉の部分に、孫娘が水たまりを踏み光がきらめく画面を合わせている。

綾野剛と星野源のW主演により話題を呼んでいるTBSドラマ「MIU404」の主題歌として書き下ろされました。

70
匿名であることを盾に誹謗中傷が行われるのは日常茶飯事ですし、虚構の入り混じったネットニュースから正しい情報を手に入れる為にはメディアリテラシーが必要となります つまり、この楽曲は米津自身の倫理観が込められた物語だと言えます
・きらめき ・スピード まずきらめきについて考えてみましょう 野生の勘で自分の直感を信じて行動することで、理性派の志摩は 明後日を探し回るという見当違いなことをしているなと感じていながらも相棒だからこそ信頼関係が読み取れます
」というコメントの 「自分が今暮らしている境遇」というのは 今の狂った世の中のことを指しているのではないか、と個人的には思えてなりません 前半で前述した通り、メロディのアレンジも歌詞の言葉選びも遊び心たっぷりで、かわいらしく聴いていてクスリとなる「陽」の部分と、生きていく上で決して避けて通れない「死」や「孤独」といった「陰」の部分の両方を隠すことなく表現している
米津玄師『感電』の概要 今回は人気アーティストである 米津玄師さんの楽曲 『感電』の歌詞考察をしていきたいと思います 伊吹と志摩にしか分からない世界があるような感じですね
主題歌「Lemon」とともに社会現象をも引き起こしたドラマ 「アンナチュラル」の製作チームと米津さんが再びタッグを組んだということで、非常に大きな話題を呼んでいます 』『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』『獣になれない私たち』など…野木亜紀子作品すべてにおける共通した特徴に「ユーモアからシリアス、陽から陰への切り替えの速さ」がある
1