アイヌ 語 変換。 アイヌ語/おもな語彙と実用例とは

たとえば「札幌」は、「乾燥した広大な大地」を指すアイヌ語「 サッ・ポロ・ペッ」が語源。 大人のアイヌの集まりなどでは、自然にアイヌ語が口をついて出ましたが、子供たちには、その将来を考えて、アイヌ語より日本語を身に付けさせようとする親が多かったといいます。 『アイヌ語沙流方言辞典』田村すず子 草風館 1996年 脚注 [ ]• そうした研究は、これから先、似たような状況にあるほかの危機言語コミュニティとの繋がりも強めていくはずです。 せよ )<私が行くから > ナカイリ nakairi ぼろの綿入れのきもの ナ ム nam 顔 ;の顔 ナン ;ナヌフ nan ;nanuhu だ 、である ニ ni 木 ニサッタ nisatta あす ニ シパ nispa だんなさま 、金持ちの男 、紳士 ニトゥイェ nituye まききりする ニマ nima さら ヌ nu をきく ヌイェ nuye を書く ヌイト nuyto 糸 ヌカ ラ nukar を見る ヌヌケ nunuke のめんどうをみる 、に孝行する 、をこうぐうする 、を大事にする ヌマン numan きのう ヌ ムケ numke をえらぶ ネイ タ パ クノ nei ta pakno どこまでも 、いつまでも ネノ neno ににて ネ プ nep 何 (か )、何 (でも ) ネ プキ nepki はたらく ネン nen だれ (か )、だれ (でも ) ノ <ソモ コイラ ノ > no (連用語を作る助詞 )<わすれずに > ノ <ピ リカノ > -no (副詞をつくる接尾辞 )<よく 、きれいに > ノイネ noyne らしく 、ように ノ シケ roske 立つ 、立ちどまる (複 ) パ pa 年 ハ! 季節によって見ることができる高山植物の種類が異なりますので、ぜひいろいろな時期に訪れて美しい景観を楽しんでみてください。 その物語の豊富なレパートリーと語り口のテンポのよさには圧倒されます。 ただし、この変換には重大な欠点がある。 語末の子音を母音に合わせて振り分けるために、普通に子音母音を打った時点では未確定扱いにするしかなかった。
68 85