ダイヤモンド パール リメイク。 なぜ「ダイパリメイク」は騒がれる? 張り巡らされる伏線と「ポケモン」ファンの目線

24 ソニー・ミュージックダイレクトは11月24日、任天堂のゲームソフト「MOTHER2 ギーグの逆襲」のアルバム「MOTHER2 ギーグの逆襲 オリジナル[…]• このあたりの話は同作のインタビューで語ってもらっているので,ぜひ合わせて読んでみてほしい()。

ゲームファンとしては2006年の 「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」 のリメイク版をできるので楽しみではありますが、グラフィックの評価としては割れています。

また,シンオウ地方の地下世界を舞台に,友達と一緒に楽しめる「ちかつうろ」や,ポケモンをダンスや演技で競わせる「ポケモンスーパーコンテスト」など,対戦と交換以外にもワイヤレス通信を用いた遊びが用意されていたのも印象的だった。

遊びやすさが,それまでの比ではない。

本作では、ポケットモンスター ダイヤモンド・パールに登場したポケモンたちと一緒に冒険をすることが可能。

本稿では,リメイクを控えた「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」が当時のプレイヤーにとってどんなゲームだったのかを振り返ってみたい。

というか,「ポケットモンスター ソード・シールド」に寄せた作りで,入り組んだシンオウ地方を冒険するとなると,だいぶ感覚が変わってくるのではないだろうか。

え,遊んだの15年前!? 時の流れが早すぎる。

増田順一さんはひと言で言えばエンターテイナー。

ですが、10代とか最近のしか知らない層からしたら逆に2等身の方が違和感を感じるのかもしれません。

進化したヒコザルには「またほのお・かくとうかよ!」と画面の前でツッコミを入れてしまったことを覚えている。

「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」は9月28日で15周年を迎える。

特筆すべきポイントは、「ダイパリメイク」の発表は公式からなされていないこと。

ディレクターは、ポケットモンスターシリーズを開発しているゲームフリークの増田順一氏と、イルカの植田祐一氏が務めるという。

ポケットモンスターダイアモンドパールがリメイク 2006年に発売され累計582万本を売り上げた大ヒットゲーム『ポケットモンスターダイアモンド・パール』。

5