都立 高校 倍率。 都立高入試、男女の合格ラインで最大243点差 8割で女子が高く 本当に女子が不公平?

推薦入試応募状況を見るときのポイント・・・推薦入試の応募状況は一般入試の応募状況と相関関係がありますが、以下の注意が必要です。 山形県• 可能性が高い。 倍率を見比べると学校ごとの今春の人気度がわかります。 女子は隔年で上下していましたが、3年続けて低下しました後、前年に反転、今回は再び低下しました。 00 撠�鈭� 撠�鈭� 51 60 51 60 0 0 1. 今回の応募状況を見て,2月14日に取り下げ,2月15日に再提出することができます。 一方で総合学科は 、 推薦で進学しやすいという点ではお勧めです。 女子は隔年で上下していましたが、3年続けての低下となったあと、今春上昇に転じています。 年明けになると、いよいよ入試本番モードに突入する。 受験者数が前年と大きく変わっている学校が数多く見受けられます。 取り下げ・再提出を検討する場合は十分な注意が必要です。
ただし,一校一校見ていくと応募者が増えた高校もあれば,減った高校もあります。 田園調布高校(女子)に関して2倍となっております。 ただ、 工芸高校は今年少し人気を下げていますね。 男女とも低下したのは、前年に拡充された都の私立高校授業料等無償化施策の影響が少なからずありそうです。 40倍)で過去最低倍率を大幅に更新しました。 女子の倍率が男子の倍率より高い状態が長く続いていましたが、2年前に男子と女子の倍率が並びましたが、前年から再び女子が男子を上回っています。
96