👌オリンピック中止違約金。 都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能|NEWSポストセブン

よって、IOCの判断で中止したことに対して、開催都市の東京や日本政府が違約金を支払うことはありません。 項目 金額 スポンサーなど 6300億円 IOC 2835億円 賠償金合計 9135億円 今までにオリンピック中止による賠償金が支払われたという話が見当たらないため、実際に賠償請求されればどうなるのかが定かではありません。 2940億円といえばかなりの額ですが、なんだか莫大すぎてよくわかりませんね。 SNS(ネット交流サービス)では「責任放棄」「確認すべきだ」と批判する声が目立った。 それこそ隣国との有事勃発で日本国民がバタバタと殺されている最中も「判断に苦慮」なんて. 都の感染対策部門やブレーンの感染症専門家たちも5月の感染状況を見て知事に中止の決断を迫るつもりです」という。 それを防ぐには中止宣言でぶち壊すしかない」 都庁幹部も、「小池さんが一番危惧しているのは東京での医療崩壊。 コロナ禍を理由とした東京五輪中止によるIOCに対する違約金は発生しない思われる• 上記「開催都市契約」は圧倒的にIOCに有利なとんでもない不平等契約ですが、IOCが自分で中止を決めたのにもかかわらず、中止によって生じた損害を支払えと、日本側に要求することは、いくらなんでもあり得ないでしょう。
60

東京オリンピック中止 IOCが正式通知 2032年に再招致を検討 また東京オリンピック中止の正式通知をIOCが通達したという噂がネット上で話題を呼んでいます。

IOCは契約を解除して中止を決める権利があり、その場合は日本側が補償や損害賠償を請求する権利を放棄する旨が記されている。

ただし、財政的な責任については、 開催都市と OCOGの両者が連帯し、かつ各自で負うものとする。

項目 割合 テレビ放映権 73% 4157億円 TOPパートナー 18% 1003億円 その他の収益 5% 284億円 その他の権利 4% 227億円 2013年から2016年の間に夏季・冬季のオリンピックが行われており、その収益の合計が5671億円となります。

あるのかどうかも、ちょっと見当もつかない」。

大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は13日、報道陣から仮に中止となった場合、IOCから違約金として賠償請求される可能性を問われて答えた。

果たして、どうなるか。

そうなると日本に負担を求める可能性もある」と話す。

しかし東京オリンピックが中止となった時の経済損失は 4兆5151億円と資産されています。

13