大沢 誉志幸。 大澤誉志幸

AKI'S HOLY NIGHT• 高円寺出身であることから、毎年夏季に行われる高円寺祭りにも興味が強く、青年時代には必ず参加していたという オリジナルバージョン(アルバムバージョン) (4分55秒) - 編曲:大村雅朗• 作曲:大沢誉志幸/編曲:大沢誉志幸、小滝満 脚注 [ ] []. 2000年 - BLESS• 『そして僕は途方に暮れる』シングル• さらに、2008年(平成20年)にはデビュー25周年を記念して、新たにアコースティック・アレンジでセルフカバーもされ、「そして僕は途方に暮れる 25th ver. 解説 [ ] 前作から1年振りのスタジオ・アルバムで、「Serious Barbarian」3部作の完結編である
今宵かぎりのcheek to cheek• (平成15年)には古巣のエピック25周年記念のイベント「」にも出演し、ソロデビュー20周年盤『Y』をエピックから発表した そして僕は途方に暮れる (4分15秒)• 夏のステージライト か行 [ ]• 映画出演 [ ]• 青い夜の今ここで さ行 [ ]• その一方、は出せず、全て大澤自身ので歌っている
微笑みだけがそこにいる (8分29秒)• 作詞:/作曲:大沢誉志幸/編曲:大沢誉志幸• 脚注 [ ] []. Don't Delay• 『彼女はFuture-rhythm Special Dance Mix 』12インチシングル• キーボード: 1• 出版本 [ ]• 九月には微笑んで• とと共演 楽曲提供活動と並行しながらソロ活動を始め、(昭和58年)に「大沢誉志幸」名義でシングル「」、アルバム『』でソロデビュー
yoshiyukiohsawa -• 2003年 - (カバーコンピレーションアルバム『DISCOVER THE SONGS 〜J-STANDARD〜』)• また、大澤の楽曲にはシングルも比較的多く、特に在籍時代は『』『』『』を除いてリカットシングルが必ず一曲存在している 収録曲 [ ]• 捨てきれなくて• SWITCH• 遠い約束 (6分7秒)• アルバム『Season's greetings〜春〜』(、2008年) バージョン [ ] 「そして僕は途方に暮れる」にはいくつかのバージョンが存在し、各アルバム・シングルに収録されている
作詞:神沢礼江/作曲:大沢誉志幸/編曲:大沢誉志幸、小滝満• ギター: 2• 「誉志幸」の名前の由来は、生まれた病院名が「美誉志病院」だったのと、父親の名前「幸康」からとられたという Scoop Special Mixed Blend• ポケットから落ちた恋• 両曲とも、作詞: 作曲:大沢誉志幸 編曲:• しかしながら、いずれもこの曲を歌う気配が一向に無く、その度に大沢の元へこの曲が戻され、最終的には『CONFUSION』のレコーディングの際、プロデューサーのに「今空いている曲は無いか」と尋ねられて、この曲を引き出し、の詞と組み合わせて、大沢自身が歌うことになった
恋はいつも愚かなもの• アルバム『』からのシングルカットだが、シングル版とアルバム版ではアレンジが異なる 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:HOPPY神山• 作詞:西脇 唯/作曲:大沢誉志幸/編曲:大沢誉志幸、小滝満• ヤング・ガール・ブルー• 後に、シングルカット
45 24