健康保険 電子申請。 e

28

特定法人 資本金等の額が1億円を超える法人等 に該当する事業所は、一部届出について電子申請での届出が義務化されておりますが、コロナ禍の影響により体制が整わないことや人事・給与システムの整備が進んでいない等の理由で、運用開始までに対応が間に合わない場合は、電子申請での届出が猶予されることが上記の通知で示されております。

55MB 労働保険保険関係成立に関する手続 保険関係成立のとき 労働保険保険関係成立届 (令和2年11月更新) 4. 一覧より、目的に合ったマニュアルをご利用下さい。

任意適用申請書• メーカー系IT企業にて人事業務のシステムコンサルタントに従事。

事前に「 事業所関係変更届 」を健保組合に提出いただきます。

システムが対応する予定ではあるが、11月に間に合わない場合も想定されます。

健康保険 厚生年金保険 被保険者報酬月額変更届( )• 申請APIに対応したソフトが必要である点など、企業側の負担もありますが、積極的に活用を進めていくべきだと考えます。

マイナポータル連携のソフトウェアの中には、非対応の帳票もあり、導入する場合は対応帳票の確認が必要です。

どのような手続きに対応されるのか 今回の健康保険組合向けの電子申請は、以下の申請に対応する予定です。

43
1 電気通信回線の故障や災害などの理由により、電子申請が困難と認められる場合 2 労働保険関係手続(保険料申告関係)については、労働保険事務組合に労働保険事務が委託されている場合、単独有期事業を行う場合、年度途中に保険関係が成立した事業において、保険関係が成立した日から50日以内に申告書を提出する場合 その他 1)申請された届出に対し、「決定通知書」を発行いたしますが、この「決定通知書」はマイナポータルを利用して電子文書(PDF)で送信いたします
被保険者賞与支払届 また、 「e-Gov」では健康保険組合加入企業の電子申請が出来ません ) e-govポータル. また、現在開発中であるクラウド型の新システムは「マイナポータルAPI」に対応予定ですが、 2022年1月以降のリリース予定となっております
・「公的個人認証サービス」に基づく電子証明書(マイナンバーカード) ・「商業登記に基礎を置く電子認証制度」に基づく電子証明書 ・法人認証カードサービスに関わる「商業登記に基礎を置く電子認証制度」を運営する電子認証登記所が作成する電子証明書 ・地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)が発行する職責証明 ・政府共用認証局が作成する電子証明書 ・AOSign サービスに関わる認証局が作成する電子証明書 ・TOiNX 電子入札対応認証サービスが作成する電子証明書 ・TDB 電子認証局サービス TypeA に関わる認証局が作成する電子証明書 ・e-Probatio PS2 サービスが作成する電子証明書 ・DIACERT/DIACERT-PLUS サービスに関わる電子認証局が作成する電子証明書 ・セコムパスポート for G-ID サービスが作成する電子証明書 よって、社内では、以下の対応を確認・検討が必要となります 健康保険 被扶養者(異動)届 xml様式による届出• 13MB 保険料算定に関する手続 賞与支給のとき 健康保険・厚生年金保険被保険者賞与支払届 (平成27年3月更新) 4. 産前産後休業終了時報酬月額変更届• 環境が整いましたら、速やかに電子申請での届出に切り替えをお願いいたします
産前産後休業取得者申出書/変更(終了)届• 初めて電子申請を行う際には、以下のリンクをご確認の上、事前準備をお願いします システム環境が整うまでは現状のCD-R等による手続きを継続することもやむを得ないと考えられますが、健康保険組合との事前相談が必要でしょう
健康保険組合への手続では電子申請をご検討ください
社会保険事務の委託 社会保険事務を社会保険労務士等に委託し、社会保険労務士等から届出をする事業所については、委託契約が明確となるものの証明が必要となります その後、社会保険労務士として現職に至る
例えば、3月決算の会社は2020年4月から、12月決算の会社は2021年1月から義務化となります ・ツールの二次配布はおこなえません
マイナンバーカードの電子証明書 要 事業主以外の方がマイナンバーカードによる認証機能を使用する場合は、その方を事前に代理人として選任する必要があります 1つのファイルで複数の事業所や、数種類(算定と月変など) まとめての届出はご遠慮ください