トヨタ ウィッシュ。 一般のドライバーに聞いた!トヨタ ウィッシュの口コミ(評価・評判)まとめ

両車の致命的な違いは初代ホンダストリームは10万km超あたりから、エンジンとシャーシの「やれ」が感じ取れたのに対し、初代ウイッシュは倍の距離でも「まだまだ大丈夫」と言う安心感が大きく、そういう点がトヨタ車の底力なのでしょう。

ウィッシュ開発のために軽量高剛性ボディ、新設計を設計し、外観はスポーティーで運動性能は軽快な走りを実現しており、それでいて6-7人乗車可能で快適な室内空間を備えたあたりは、当時のトヨタでは革新的な車でした。

その後も改良や車種変更を加えつつ作り続けられてきたが、2017年11月に販売終了。

全高は地下駐車場でも大抵の場所なら利用できる実用的サイズとなっています。

搭載されるのは、132馬力(FF)/125馬力(4WD)の直列4気筒1. トランスミッションはインパネシフト4速オートマチックと変速ショックのないCVTの2タイプ、それに足踏み式パーキングブレーキでサイドウォークスルーを可能とする。

30代 男性のトヨタ ウィッシュ DBA-ZGE20G についての口コミ 神奈川県平塚市在住/既婚 "両親・配偶者・子2人" 5段階評価 ・外装 :5点 ・内装 :3点 ・走行性能:4点 ・乗り心地:4点 ・取り回し:4点 ・経済性 ;3点 ・積載量 :4点 ・総合 :4点 良い点 結婚して子供が産まれるタイミングでスポーツセダン風のを探していた。 しかし、現在トヨタのミニバン売れ筋は、コンパクトミニバンのシエンタや、トールワゴンのノア・ヴォクシー・エスクァイアであり、最近のウィッシュ販売台数は月1,000台未満と影が薄い存在となっていました。 3列目もそこまで狭いわけでもなく、大人数が乗ることが多い場合はとてもメリットがあると思います。 2代目は「スマートマルチプレイヤーウィッシュ」をテーマに、5ナンバーサイズをベースに、Dual VVT-iとバルブマチックを採用し、1. このバッテリーを付けたから75%になったとの記載もあり 少し困惑しております。 ハンドリングに遊びはあまりありませんので軽くはあるのですが、ボディーの長さを考えると路地などの狭い道でもドライブには注意が必要です。 さらに、フロントドアガラスに紫外線を約99%カットするスーパーUVカットガラス(撥水機能付)を採用し、快適性を向上。