サイド エルボー ブリッジ。 サイドブリッジにおける肢位の違いが体幹筋ならびに股関節周囲筋活動に及ぼす影響

仰向けになって両手は広げ、両ヒザは曲げておき、おへそをのぞきこむようにして腹筋を使い軽く上体を起こします。

また、足を上げているときには、小殿筋や中殿筋に効いているイメージを持つことが重要です。

基礎代謝が落ちると 脂肪がつきやすく燃えにくくなるので、「頑張ってトレーニングしてもくびれができない」なんて可能性もあるのです。

エクササイズとしても使われているし、ヨガでは「ヴァシスターサナ」と呼ばれるポーズでもあるんだ。

いわゆるインナーマッスル(体幹)のこと。

細すぎず太過ぎない体型であることなどが挙げられます。

59