福島 県 コロナ 感染 者 速報 8 日。 福島県内22人感染 8日県発表分 新型コロナ(福島民報)

症状がある場合には、早めに診断を受けることが、御自身のため、そして御家族など、大切な方のためとなります。

県内においては、今月に入ってから、変異株の影響などもあり、新規感染者がこれまでにない速さで増加し、特に感染拡大が顕著であった会津若松市といわき市においては、それぞれ3日と13日から「集中対策」を実施いたしました。

また、テレワークやウェブ会議などを活用した外出機会の縮減をお願いいたします。

出張はやむを得ない場合に• これからも気を緩めず、一人一人の心がけで感染の再拡大、リバウンドを防止してまいりましょう。

今後、ワクチンバンクの取組や、都道府県の裁量で市町村に分配する調整枠などを活用し、各市町村の進捗状況や要望を伺いながら、円滑にワクチン接種が進むよう、市町村の支援に全力で取り組んでまいります。

こうした指標の推移や新規感染者数の減少傾向等を総合的に勘案すると、本県はステージ2相当にまで改善したものと判断をします。

県民の皆様の御理解、御協力により、県内の医療提供体制や感染状況を示す指標は、全体として改善傾向にあります。

しかし、日々の感染者数や直近1週間の感染者数が、前週の同じ曜日を上回る日が散見されるなど、感染状況の下げ止まりの兆候が見られるほか、変異株の割合も増えてきており、注意が必要です。

66

市民の皆様におかれましては、引き続き、不要不急の外出自粛をお願いします。

そのため、25日、全国知事会として、必要なワクチンの適時適切な供給について、国に緊急申し入れを行ったところであります。

せきエチケットの徹底• 会津若松市民を始め、県民の皆様には、長期間にわたって御不便と御負担をお掛けし、大変な我慢と御苦労を重ねられながらも、対策への御理解、御協力を頂いているところです。

立候補したのは、届け出順に現職で2期目を目指す薄友喜さん73歳と、新人で元副町長の伊藤要一郎さん62. 南相馬市全域を対象として、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、市民の皆様や事業者の皆様などに対し、3つの要請を行うこととします。

福島県いわき市のアクアマリンふくしまで、福島県の漁業をテーマにした企画展が始まりました。

63
県民の皆様におかれましては、このような状況に御理解を頂き、今後も気を緩めることなく、お一人お一人が、徹底した感染防止対策に取り組んでいただきますようお願いします 少しの気の緩みが一気に感染を拡大させ、医療提供体制の崩壊を招いてしまうことを、十分に御認識いただき、引き続き、感染防止対策の徹底をよろしくお願いいたします
帰省や旅行は控えめに 外出時、屋内や会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用• 飲食については、感染防止対策が徹底されたお店で、少人数、短時間、いつも一緒にいる人とお願いします
来週には東京オリンピックが始まり、大会開催に合わせた連休を迎えます 御不便、御苦労をお掛けしますが、趣旨を御理解いただき、徹底して対策に取り組んでいただくようお願いをいたします
これは、既に6月の1か月間における発生件数(5件)を超えています 会津若松市民の皆様には、1か月以上に及ぶ長い期間、大変な御不便、御苦労をお掛けしました
また、感染対策の徹底された飲食店の利用をお願いします まず、職場においては、マスクの着用や、こまめな換気、ソーシャルディスタンスの確保、手洗いや手指消毒など、基本的な感染対策の徹底をお願いします
66