七 並べ ルール。 七並べのルールと遊び方。ジョーカールールと、戦い方・コツも紹介

出せない時はパスをします。

東をひいた者が好きな場所に座り、そこから反時計まわりに南・西・北の順に座る。 これを 打牌という。 東・南・西・北の4枚の牌を裏返してかき混ぜ、各人が1枚ずつ引く。 親は、14枚の中から不要な牌を1枚捨てる(打牌)。 パスは事前に定められた回数(多くの場合3回)しかできない。 東一局が終了したら、次は東二局• パスの仕方 「Pass」ボタンをクリックします。 一翻縛り同様 は含めない (よってドラ3はあがれなくなる)。
62
カードを手札から出せるのは、そのカードと同スートの7の札とそのカード自身とを結ぶ札がすでに場に場に出ている場合だけである。 東々戦では、東九局〜東十二局までを行う。 日本国内ではほとんど使用されないが、・など国際的には標準的なルールである。 【後半】七並べのルールは? 七並べのルール|7の数字から並びにトランプを出す A post shared by koheianzai on Mar 16, 2018 at 3:51am PDT 七並べのルールにはジョーカーがない場合と、ある場合があります。 たとえば、ハートの6が場に出ていた場合、ジョーカーを出してハートの4を出すことができます。 ただしここでカードXがカードYと結ばれているとは、カードXとカードYとが同じスート(以下S)で、しかもスートがSでランクがカードXのランクとカードYのランクの間にある札が全て場に出ている場合に言う。
32

このルールを採用すると、例えば 7 から King までが場に出されると、A、2、3. 七並べでいちばん大事なのは、 悪いカードを早く出すことです。

例えば、スペードの「6」だけ持っている場合、自分が「6」を出さなければ他の人はその先が出せませんよね。

ハートの5を持っているプレイヤーはJOKERと交換しなければなりません。

3枚以下のカードが一辺に囲まれた場合、囲まれたカードは全て死んだものとみなす。

さらに、の形に似ているが常時ドラとなる。

そのため、 4回目のパスをした時点でそのプレイヤーは 失格=負けとなります。

23