小田急 線 路線 図。 小田急電鉄の路線図はどこが変わったのか:路線図マニアが読み解く(2/3 ページ)

停車駅の変遷 [ ]• :海老名駅が神中鉄道(現在の)の駅として開業。

線路脇の防護柵もない場所が多く、小田急の広報用や雑誌などの写真もこの近辺で撮影されることが多い。 2 km移転(実際の移転・新駅舎の供用は1996年)。 (しんじゅくえき)• 開成駅・栢山駅・富水駅・螢田駅・足柄駅への停車を廃止。 :鶴巻温泉駅を鶴巻駅に改称。 (昭和18年)4月1日:海老名駅が小田原線の駅として開業、海老名国分駅廃止。
11

の麓が近づくと勾配と曲線がきつくなり、登り切るとに入る。

快速急行の停車しない向ヶ丘遊園駅・成城学園前駅に停車するが、登戸駅は通過するというの形をとる。

一部列車に限り栢山駅・富水駅・螢田駅・足柄駅が停車駅に追加。

ただし利用するサービスによっては機能の一部が無料ではなかったり、使い勝手が悪く、感覚的には使いにくいようなサービスも意外とまだまだあったりします。

:前日からのの影響により新宿 - 南新宿間不通。

(昭和51年)• この改正で小田原線を通しで運行する急行に関しては、すべて新松田駅 - 小田原駅間無停車となった。

6
小田原線と多摩線との直通運転を大幅に拡大。 その先で再び東京都()に入るとしばらくの間町田市と川崎市麻生区()の市境を直線で抜け、2面3線のへ到着。 (昭和19年)• にはの戦況悪化に伴い運行が中止されたが、に運行が再開され、現在に至っている。 かつて純農村であった東京の世田谷から、辺境の地であった神奈川県の伊勢原、秦野にかけての風景は小田急線という大動脈の恩恵により、億万土の彼方の浄土が出現したかのごとく、目覚ましく変貌していったのです。 6 km。 もし、出発駅から到着駅までの途中の駅を確認したい場合は、トップページの上部タブにある「通勤タイマー」「乗換案内」「路線図」から「乗換案内」を選択してください。 2008年3月15日のダイヤ改正以降、6両編成の急行はほぼ日中の町田駅・相模大野駅 - 小田原駅間を運転する列車に限定され、2012年3月17日のダイヤ改正よりすべて町田駅以西での運転となった。 代々木上原駅以東と伊勢原駅以西への定期列車としての直通運転廃止。 常磐線・東京メトロ千代田線直通列車 日中及び土休日朝下りを除き常磐線・千代田線発着の列車が設定され、多くが成城学園前駅か向ヶ丘遊園駅発着列車だが、一部唐木田駅・相模大野駅・本厚木駅(発も設定)・伊勢原駅着の列車もある。 〈路線図〉 ・ 東京メトロ副都心線の路線図を地図に表示しています。
17