ウルトラマン ファイティング エボリューション リバース。 ウルトラマン Fighting Evolution

怪獣島• 『ウルトラマン Fighting Evolution REBIRTH』で登場した個体 腕を巨大な八つ裂き光輪(ウルトラスラッシュ)に変える カオススラッシュ、ウネウネした光の線が合体して極太の破壊光線になる カオススペシウム光線を使う。 カオスロイドS• 改造ゴモラ• 尚、VSモードでルナ対ルナ戦をやる事は「千日戦争(サウザンドウォーズ)」と呼ばれ以下略。 性質を理解して上手く使いこなせば、物凄く強くなる可能性を秘めた平成ウルトラマンかもしれない。 PlayStation用ソフト。 バキシム• 空港土地• 高層ビル群• 後のシリーズと違い、背景が真っ赤になる演出はまだない モーションがほぼジャックのコンパチだが必殺技のバリエーションに富む。 つか、これを防ぎ損なったらマジで死を覚悟しなくてはならないほど。 プレイヤーキャラクターとしては使用できない。
方向性を変えたのが仇となったか ウルトラフロストが地味にシリーズ初登場
ゴモラ ウルトラ警備隊西へ• その後、地球に現れてゾフィー、セブンのエネルギーを吸収するも、キャラクターに敗れる 登場や配置、等がよりになって楽しめるi utionである
グリッターティガ• はで挙動、掛けなどがらしさを良くしている (技のみ)• エレキング• 前作のステージBGMは、どちらかのキャラクターが優勢になった時にそのキャラクターに応じたBGMに変わり、2度と変わらなかったが、本作では最初とは違うBGMが流れている時に別のキャラクターが最強技を使うと再びBGMが変わる
ブレスレット技自体、今作でしか再現されていない ダイナが不在であるが、南極のステージで氷付けの怪獣の中にレイキュバスの姿が確認できることから、ダイナ登場後の時系列 ダイナの1話から最終話までの期間は2017年から2020年 と考えられるので、ダイナの不在は最終回の出来事を踏まえているからと思われる
ウルトラマンのファンは昔からこだわりが強く、昭和ウルトラファンと平成ウルトラファンの間には、とてつもなく大きな確執がある またコスモスは、VSモードでCPUに指定するとなぜかモードチェンジを一切行わないため、どうしてもエクリプス以上の「攻撃をしてくるコスモス」とは戦う事ができない
前作の正統な発展形 前作では一定時間しか維持できなかったアグルのアグルセイバーが、本作では自由に発動・解除できるようになった
84
貯め可能の「暴れる」を最大まで貯めて解き放ち命中させると、なんと相手のふらふらゲージをMAXまで一気に跳ね上げるという、とんでもない破壊力を発揮できるのだ! もっとも、CPU戦では貯めを始めると軸ずらしされて当てられないし、対戦でも警戒される危険が高いから滅多に当てられるものではないが… 中距離から近距離の有効度の高さは異常で、その上必殺技のダメージも高いからえらく使い勝手が良い
話半分くらいに読んでいただけると幸い ウルトラマンタロウ• 相手の技を潰して攻撃する事も容易で、キャラによってはふっ飛ばし攻撃に真正面から対抗しても勝ててしまうくらい
しかし、この場合誰がティガに変身しているかは不明 ウルトラマンジャック• ウルトラマンジャック• 特定の技を当てることで発動する「ネビュラコンボ」を導入
一部の世代には熱狂的な人気を誇るレオ兄弟が、あの真夏ボイスで登場するもんだから、もうそれだけで嬉しい ネオカオスダークネスllの体内 オリジナル怪獣 [ ] ネオカオスダークネス [ ] コスモスに浄化されたカオスヘッダーがメフィラス星人によって利用され、メフィラス星人と一体化した怪獣
以上、細かな問題点が散見するが、それを踏まえても本作の完成度は高く、また充分楽しめるものだと思われる (この時あるをすると「7人」としてあの隠しが・・・) ウルトラマン Fighting Evolution 3 三作
49