ノストラダムス 恐怖 の 大王。 『ノストラダムスの大予言』なんでみんな信じちゃったのか(週刊現代)

のの欠片(『ノストラダムス最後の天啓』二見書房、1990年)• まさに百家争鳴だが、米ソ全面核戦争の危機が囁かれていた冷戦当時の時代背景を考えると、多くの人々がこれらの説に信憑性を感じたのも無理はない。

-- のりへい 2010-01-11 05:20:14• また、ベトナム戦争が終わった頃には、『アサヒグラフ』に銃で身体がバラバラになっている子どもの死体の写真が載っていたり。

日本にノストラダムス・ブームを起こした五島勉氏の霊言で語られたものとは 大予言者ノストラダムス 1503~1566 と言えば、「1999年7の月、空より来るだろう、恐怖の大王が、アンゴルモアの大王を甦らせる……」という「人類滅亡」の予言で有名だ。

賀 参考書籍:『五島勉「ノストラダムスの大予言」発刊の真意を語る』 幸福の科学出版 ほか 【関連書籍】 『五島勉 「ノストラダムスの大予言」発刊の真意を語る』 幸福の科学出版 大川隆法著 【関連記事】 2020年8月21日付本欄 『ノストラダムスの大予言』の五島勉、この世を去る 「1999年7の月」をどう振り返る? このことを『 』と言われる 本当のタイトルは大変長い、詳細はリンク先参照 著書にまとめて世に広めたことにより、ヨーロッパでは栄養失調や病気で死ぬ人間が減ったという。

山本弘はイニシャルとゲーム内容の描写から『』のこととしている。

パロディやジョークとして発表された説 [ ]• sumaru 2011. 合わせて読みたい関連記事 近いうちに襲来する恐怖の大王の正体は? 1999年に恐怖の大王が現れるという予言が外れたため、現在では予言者としてのノストラダムスを信じている人は多くありません。

しかし、1999年というのはどうなんだ? 年代が違うではないかという質問にはこう答えよう。

フランス文学者のは、「アンゴルモワの大王を復活させる恐怖の大王」は「フランソワ1世の再来を思わせる強大な王」を意味しているとみなした。

モンゴル人=アジア人=東南アジア人=ビン・ラディン氏 みたいな感じです。

44 50
いろいろな意見があった方が楽しめるともいえますので、これもりっぱな1つの解釈です と学会員の「光デパート」による解釈
-- とある信奉者 2013-12-28 12:30:31• 実際、この予言の含まれる『百詩篇』は国王に宛てた手紙も添えられており、フランス王家の人間に読まれることを前提として書かれたものでした 山本 『ノストラダムスの大予言』にしても、最初の企画段階では10人の予言者を紹介する本として構想されていたんです
上記の様々な解釈事例を紹介した上で、個人的予想として「なんかのテレビ局の企画であたりが絶対やりそう」と発言していた なお続編の『トンデモ大予言の後始末』(洋泉社、2000年)では、この予言が当たらなかったことを自ら表明している
なお、この本にはペストの治療薬の処方箋も載せられているが、などを配合したもので、あまり効果はなかったと思われる 04)• ルネサンス期のフランスにおいて広く布教していたキリスト教の嫌う火葬を指示したことからも、医師としてのノストラダムスの芯の強さを感じます
特定できないが1999年8月になれば分かること(エリカ・チータム『天駆ける火 包囲されし大王 未曾有の騒乱・ノストラダムス最後の大予言』二見書房、1991年)• たとえば2行目、「恐怖の大王が天より姿を現すだろう」という部分の「恐怖の大王」とは誰のことでしょう? キリスト教的解釈をすると、「天」は神の領域ですから、恐怖の大王とは悪魔などの類のことではなくなります (上記、666の獣さんのコメントから派生した、666の獣さんとsumaruのやり取りについては、予告どおりの方に転記しました
特に錬金術師として知られるは、彼の発表した『化粧品とジャム論』を邪道として大いに批判している ちなみに、フランス語に詳しい山津氏の訳ではより原文に近く「アングーモワ」となっているが、日本ではノストラダムス・ブームを起こした作家の五島勉氏の影響もあり、 「アンゴルモア」のほうが一般になじみがある
93