ご査証ください 意味。 「ご査収の上よろしくお取り計らい」の使い方や意味・例文

「ご査収」の意味 「ご査収」は、「ごさしゅう」と読みます。 辞書で意味を調べると、以下のように記載されています。 「ご査証ください」の正しい使い方・例文 「確認する」ことを相手に促す「ご査収」に比べて、相手に「証明する」という行動を促す「ご査証」は、使い方が「ご査収」よりも難しいものです。 問題のあった手続きにつきまして、ご査証のほどよろしくお願いします。 文末でご査証を使用することによって、相手に「ちゃんと調べて、事実を証明しなくては」という注意喚起を促すことができます。 そして、「ご査収」の「査」とは捜査の査の意味からもわかるように「調べる」という意味です。 添付資料の内容を確認したことが伝わるように書く 「ご査収ください」と言われたら、添付資料を受け取って、よく確認したということが相手に分かるような書き方をするとよいでしょう。
89

「endrousing」 「the act of endorsing」で「保証する行為」という意味になります。

」 ご確認願いますの意味では「ご査収願います」が正しい 「ご査証」と「ご査収」は似ている言葉ですが、ご査証は生活ではもちろん、ビジネス上でもほぼ使わない言葉です。

企画書を作成いたしましたので添付いたします。

「ご査収ください」は、取引先などの社外宛てよりも、上司や先輩などの社内宛ての文章で使うのがいいでしょう。

たとえば、「ご査収の上、よろしくご連絡の程お願いいたします」とすると、折り返し連絡が欲しいという意味です。

漢字ばかりが目立つ文章だと、それでなくとも硬いビジネス文書がより堅苦しい印象になるので、適時自分で加減して使うとよいでしょう。

「ご査収ください」の意味ってなに? 「ご査収」の意味は「よく確認して受け取る」こと 「ご査収ください」と書いてあったら、「 よく確認して、中身を理解して受け取ってください」という意味です。

80