葉酸サプリの効用とは?

生まれてくる赤ちゃんの障害を予防する

葉酸はDNAやアミノ酸が合成される際の欠かせない栄養素として知られています。葉酸が不足すると、これらが正常に合成されにくくなるため、様々な障害が起こる可能性があります。特に胎児の時期に葉酸が不足すると、中枢神経に障害が起こりやすいと指摘されています。代表的なものが、二分脊椎や無脳症などの神経管閉塞障害です。これらの障害は脳や脊髄の形成が不完全であるために、体の各機能に多くの障害が出てしまうのです。もちろんこれらの障害が起きる全ての原因が、葉酸の不足というわけではありませんが、妊娠初期に葉酸が不足すると起きやすいといわれています。ただし妊娠の初期というのは気づきにくいため、妊娠を希望する女性は積極的に葉酸を摂取することがすすめられます。

動脈硬化のリスクを抑えてくれる

葉酸は妊婦や妊娠を希望する女性に必要な栄養素として知られています。そのため、男性や中高年の人たちは特に取る必要がないのではと考えられがちです。しかし葉酸は造血のビタミンとも呼ばれていて、ビタミンB12とともに赤血球の合成に関与しています。葉酸が不足すると悪性貧血を起こす可能性があるので、妊婦以外でも摂取する必要がある栄養素です。さらにこれまでの研究によって、葉酸には動脈硬化を引き起こすといわれている物質のホモシステインの血中濃度を下げる働きがあることが分かってきました。葉酸を摂取することで動脈硬化のリスクを減らす働きがあるため、中高年であっても積極的に摂るべき大切な栄養素なのです。このように、葉酸は誰にとっても必要な栄養素といえます。