パラレル ワールド。 【3·11東日本大震災】パラレルワールドを見た人々、80年代にタイムスリップした男性

ある世界と同時に並行する世界のことで、簡単に言うと「 私達が今いる世界と良く似た別の世界」のことです。

何よりもその設定が秀逸なのと、それに負けない迫力ある戦闘の描写に圧倒されてしまうでしょう。

あなたがパラレルワールドの存在を知れば・・・ 運命を変えることは簡単だと確信するため、 人生をやり直したいといった苦しみから開放されます。

自分が感じたものは「現実」であろうがなかろうが自分にとってはそれが「現実」である 現実世界(みんなが同じように生きているこの世界)に存在しようがしなかろうが、自分が見えていたり感じていたりしたのだとしたらそれが現実になってしまうのです。

その落書きの紙切れはペンのインクを確かめたときに書いたただの紙切れだったといいます。

98

「猫が生きている世界」• その時、男性は突然のどが渇き、水を飲もうとキッチンに向かったようですが、リビングを見て、母親の違った様子の理由が分かったそうです。

しかし、なぜ男性が神社に向かっているのをわかったのか、そして電車が穴をくぐった瞬間に元の場所にもどったのかも、男性本人はわかっていません。

危ないと思い追いかけると、急に深みにはまってしまい、女性は海の底に沈んでいきました、その時沈んでいく女性に男性の声が「上がれ!」と聞こえてきたので、身体に力を入れて上へと必死に上がっていきました。

さらに女性が驚いたのが家族に違和感があったことでした。

そこには、母が大事にしていたと思われる旅行の思い出を飾っている棚に、男性の写真が大きく飾られていたこと、そして菊や仏壇に飾りそうな花が供えられていたことだというのです。

92 29