葉酸サプリはいつから飲むべき?

葉酸摂取は何故必要か?

妊活中や妊娠中の女性は葉酸の摂取が必要と言われていますが、これは赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを下げる効果が期待出来るからです。神経管閉鎖障害とは、お腹の赤ちゃんの脳や脊椎が作られる時に重要な神経管がふさがってしまう事で発生する障害で、無脳症や二分脊椎などが知られています。他にも母親の貧血を防ぐ、受精卵の着床を助けるといった効果もあります。ちなみに葉酸はほうれん草やブロッコリーなど緑の濃い野菜、うなぎやレバーなど食品から摂り入れる事も可能ですが、水溶性という性質であるため水や熱に弱く、調理中に栄養分が流れ出してしまいます。その点葉酸サプリは必要な量を効率良く摂取する事ができるので、妊娠中は葉酸サプリの摂取が推奨されているのです。

葉酸サプリはいつから飲むべき?

妊娠中に必須の葉酸ですが、サプリが特に必要な時期は妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月目になります。そもそも妊娠初期は赤ちゃんの臓器が形成されていく時期であり、この時に葉酸が不足してしまうと障害を引き起こす可能性が出てくるのです。ただ妊娠出来る時期は誰にもわかりません。生理が遅れたり悪阻の症状が出てくるなどで、ほとんどのケースが妊娠6週目頃に入って「妊娠しているかも」と気付くようになるのですが、この時期から急いで葉酸サプリを飲み始めても手遅れになってしまいます。そのため妊娠してからではなく、妊娠する前から意識して葉酸サプリを摂取しておいた方が良いのです。また妊娠初期ほど必要にはなりませんが、妊娠中や出産後も体のために葉酸サプリを飲み続けた方が安心です。