三人称 標準さん 顔。 ドリーム・ライフ~夢の異世界生活~

「セオ君もそうだけど、あなたも気をつけるのよ」 その言葉にダンは困惑した。

「少し早いけれどランチにしましょうか。

「よろしいのですか? 私はザカライアス様がお持ちのものを飲むことができますが、ここでは貴重なものでは?」 彼の言う通り、ベアトリスのお気に入りのワインであるため、彼自身は割と頻繁に飲んでいる。

セオは高い評価に顔を赤らめながらも無邪気に同意する。

どこかの貴族の園遊会とか、晩餐会とか。

しかし、ラドフォード子爵には二十本ほどしか渡していないと聞いており、そのうちの一本を自分たちが飲んでいいのか気になった。

1

その表情を見て、ダンは追及の手が緩んだと安堵した。

自分の娘を餌にあなたを引きこもうとするくらいならかわいいほうよ。

ダン君のガードが固すぎて聞き出せないってことが。

「冷めないうちにいただきましょう」 食事が始まるが、ダンはヴィクトリアを警戒し、楽しむような余裕はなかった。

十年物に相当すると聞いているわ」と説明する。

それも唯一独身の。

ヴィクトリアはそのやり取りを見て、これ以上無理に聞き出そうとしても心証が悪くなるだけだと諦める。

それなのに断られたと聞いて驚いているの。

自分ならもっと美味しくできるのにとも……それにブランデーのこともある。