多摩 っ ぷ。 川崎市多摩スポーツセンター

武蔵野台地の北側には孤立したもある。

- - - - - - - - - - 立川駅• - 八王子市、昭島市、武蔵野市、町田市、小金井市、調布市の6市でを開催している。

55
また府中市のように市がにを購入しバス事業者に寄贈した上で路線開設を求め、それが後にコミュニティバス(現:)へ発展した例もある 2021. (昭和3年)開通
奥多摩町内の一部には、隣接するのが乗り入れている (昭和39年)に開催されたでは、八王子市に仮設された「八王子ロードレースコース」において自転車競技が行われた
2021. 清掃工場の老朽化による建て替え計画に対し、小金井市内のによる反対運動が起きたことから「」が発生、建て替えが頓挫して解散した なお、以下はそのすべてではない
奥多摩町は2011年(平成23年)10月3日に加入 (昭和46年)には稲城町と多摩町が市制施行してそれぞれ、となり郡より離脱、同日消滅
西多摩衛生組合 - 青梅市、福生市、羽村市、瑞穂町の3市1町で、羽村市にある「環境センター」、等併設の余熱利用浴場施設「フレッシュランド西多摩」を運営している この理由は、帝都の水源である多摩川や玉川上水を東京府の管理下に置くためとされた
同年秋に2代目となる武蔵野市クリーンセンターが完成し 、翌2017年(平成29年)4月1日より本格稼働開始した 『』には、に(名神大社)、に、(一宮)、、、等が見える
おおむねとの合流地点よりやや東の付近から西が地域、それより下流の多摩川の南側が南多摩地域、北側が北多摩地域である 福生病院組合 - 福生市、羽村市、瑞穂町の2市1町で、福生市内に を運営している
に入ると、に武蔵野市でが開業し 、成功を収めて全国にコミュニティバスが広まる契機となった また年数回の「撮影ウォーク」や「モデル撮影会」なども開催しております
律令制の時代 [ ] において設置された前述のには、の中枢機関に当たる(現・)と(現・)、()、二宮()が置かれた 阿伎留病院組合 - あきる野市、日の出町、檜原村の1市1町1村で、あきる野市内に を運営している
(川崎市) - - - 町田駅 -• 浅川清流環境組合 - 、、小金井市の3市により、2015年に設立 多摩地域では初の市歌であると同時に、戦前から変わらず使用されており、東京都内の現行の・としても最古のものである
83