スパークライン 離れたセル。 Excelのセルに折れ線グラフを表示するスパークラインの使い方│パソニュー

どっちが高いかが分からない これは、それぞれのスパークラインで 最小値と最大値がバラバラなのが原因です。 スパークラインの効果的な表示方法を紹介していこう。 "xmin" : 横軸の最小値• このように、「浅川雄平」のスパークラインと「石巻純也」のスパークラインでは、数値の大小を比較できません。 スパークラインの元データのばらつきが小さい場合には最小値とあわせてユーザー設定しておくとわかりやすくなります。 操作手順• 今回は、このスパークラインの使い方を事例とともに紹介していきたいと思います。 上図のようにすべて「130,000,000」が最大値に設定されます。 軸がグラフごとに異なる場合、正しくデータ比較ができないのでこの点についてはしっかりとおさえておきましょう。 繰り返しになりますが、覚えておくべきことは 「時系列データは折れ線、それ以外は縦棒を使う」「グラフの軸をそろえる」、この2点です。 まとめ 基本的に通常のグラフの軸の設定と似ているので覚えやすいと思います。 スパークラインツール「デザイン」タブをクリック• 好みのスタイルを選んで見栄えのよいグラフに仕上げましょう この連載の前後回• 縦軸の設定を変更する 前項で作成したスパークラインは、スパークラインごとに縦軸の範囲が自動調整されるように設定されています。
見る者の生命力を鼓舞するデザイン:「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」 goo. また、セル1つの中にグラフを収めることができるので、資料の他の部分を邪魔することはありません。 縦軸のオプションで最小値・最大値ともに「すべてのスパークラインで同じ値」を選択しましょう。 スパークラインを選択して[Delete]・・・・、ではできませんでした。 "max" : 横軸の最大値です。 複数のセルに一度に出したい場合は、出したいセル範囲を選べばOKです。 「OK」をクリック 単一スパークラインのデータを編集 個別のスパークラインを配置しているセルのデータ範囲を変更したい場合に使用します。 あとはここで設定した内容をどう表示するのか、という部分は次回以降記事にまとめていきますね。 色分けすれば、データの傾向をひと目で把握しやすくなります。 Microsoft Excel(以下、Excel)に搭載されている スパークラインという機能をご存知でしょうか。