ゲッコー モリア。 【ワンピース】頂上戦争でやられる寸前に姿を消したゲッコーモリア!!アブサロムと共にカイドウを倒すべく計画中!?

戦争終結後、理由は不明だが、上層部の命令を受けた同じ七武海の率いる軍団に急襲され瀕死の重傷を負わされる。

新世界の航路で有能な部下を全て失ったことから、死んでも代えのきくゾンビである部下を求めるようになります。

影箱(ブラックボックス) 「影法師」が箱状に変形し、相手を閉じ込める。

血液型S型。

また、ドンキホーテファミリーの幹部達はこの技を知らなかった模様。

42
身長692cm。 だが、落とし前となるものを決める「ルーレット」を回せば自分だけでなく多くの仲間も犠牲になることを見抜き、一旦要求を取り下げる。 身長はサンダーソニアと同程度だが、強くなるために筋肉をつけたため、昔に比べて体型がかなり違っている。 顔面を横断する傷跡とオールバックの髪型、分厚いロングコートが特徴の男。 妹2人と共に路頭に迷っていた所を、ニョン婆とレイリー、シャッキーによって保護され、アマゾン・リリーに帰還した。 3ペアを差し向けるも麦わらの一味に阻まれる。 好物は。 好物は。 終戦後、政府上層部の抹殺命令を受けたドフラミンゴとパシフィスタに襲撃されるが、止めを刺される寸前に突如姿をくらます。
30
アニメSP『』ではインペルダウンから脱獄した海賊バーンディ・ワールドにより妹のサンダーソニアとマリーゴールドが誘拐されてしまい、二人を救出するためルフィと協力しワールド海賊団の海賊船「グローセアデ号」に乗り込む。 その後、レイリーを訪ね自分の状況とルフィを飛ばした方角を伝えた。 のをしたは、通告してから数年後にドウの強さやさに大なり小なり警していたが、はかつて大敗しておきながらドウに再び挑む姿勢を見せている。 悪魔のような容姿をしており、体も約7mとかなり巨漢の男です。 荒くれ者が多いG-5の部下からは、自分達にも優しくしてくれる仁義の男と慕われ、市民からも紳士的な海兵と思われているが、これらの姿は全て演技であり、実際は彼らの命など全く省みない冷酷非情な性格。 モリアの指示が無い限り、本来は肉体が動けなくなるほどの致命的なダメージを受けても影は解放されない。
86