月 土星 木星 接近。 時間記下來!難得天文景象 木星土星合月22日晚間可觀看

望遠鏡なら、土星のリングが見えるでしょう。
双眼鏡があれば楽しみが広がります 土星衝、木星衝 7月中旬最接近地球 天文迷最近很忙,除了八月的英仙座流星雨值得期待外,中央大學天文所博士後研究員林忠義提到7月14日與7月21日,可先觀測1年出現1次的木星衝與土星衝,只要所看的位置不要有過高建築或其他物體遮擋,還有光害不嚴重,用肉眼就可以看到
楽しみに待ちましょう 月は、2惑星の下をくぐるように左方向(東方向)に向かって日々位置を変え、翌日の7日には、土星と木星のほぼ中間で、三角形を描くような位置に移動します
(圖/翻攝自台北市立天文館) 天文館表示,從地球中心向外看,行星和月球經度相同時,稱為行星合月,通常是一個農曆月中行星和月球較接近時;木星與土星目前都位於人馬座,角距離很近,因此23日恰巧發生木星與土星同日合月 こんな光景を見て宇宙に想いを馳せると,いい気分転換にもなりますよ
17日の京都市内は雲が多かったが、日没後に南西の空低く、接近した明るい二つの惑星と近くの細い月が美しさを競い合うような神秘的な様子が見られた 美しいですよ
12月21日18時~19時30分に西南西の空で観測できるが、同日前後の夜にも2つの星が見られる 20時から21時ごろにはかなり高度が低くなってしまうので、空が暗くなったら早めに観察しておくことをお勧めします
そして木星も近いです Got the camera and very long lens out Jupiter and Saturn are both looking nice and clear! 月齢16. 観測可能な大接近は1563年8月26日以来になるという
37

(李明朝報導) 喜愛觀賞天文的天文迷,8月份的英仙座流星雨絕對不能錯過,因為從歷年來英仙座流星雨觀察,出現火流星數量比其它流星雨數目還多,平均亮度也比較亮,推測與流星母彗星的大小有關,英仙座流星雨的母彗星為編號109號週期彗星—史威福-塔托彗星有關,它的直徑約為26公里,繞太陽公轉一周約133年,前一次最接近太陽時間是在1992年。

内側を回る木星のほうが早く回り、 20年に一度、木星が土星を追い越すように接近します。

(管理人のスキルに、まだそういうのはありませんが) 次の接近はいつ? 次回は2020年9月25日です。

天文シミュレーションソフト「ステラナビゲータ」で、西暦1年から 3000年までの木星と土星の距離を計算してみました。

それは公転周期と、惑星の軌道の傾きにあります。

木星と 土星 に、次々と月が接近 2020年10月22日から10月23日にかけて、月が、木星、土星に次々と接近します。