ワン パンマン 153。 イケメン仮面アマイマスク (いけめんかめんあまいますく)とは【ピクシブ百科事典】

人形を操り、戦うヒーロー。

128話では協会本部前でサイタマや他の被害者の会のメンバーと共に改名を訴える抗議デモを起こす。

海人族編では、災害レベル鬼の怪人にはかなわないためシェルターに避難していたが、がシェルターを破壊して出現した際には、一般人を守るべく他のヒーローたちと共闘して立ち向かった。

原作138話より登場。

一般常識に疎く社交性に欠け、他者と慣れあうことを好まないが「ヒーローはたとえ孤独で勝ち目がなくても民衆のために戦うもの」という強い信念の下に行動しており、共感のできる活躍をしたヒーローには惜しみない敬意を示す。

2021-07-09 16:03:08• なので、ワンパンマンの真の主人公はサイタマに挑み続けるソニックなのです。

その際に「ヒーローになりたい」という幼き日に見た夢を思い出し、就活をやめてヒーローになることを決意。

18歳。

武器は巨大な。

弟子入り後は自身の希望により高額の家賃をサイタマに納め、金に弱いサイタマからあっさりと住み込みを許可されて 掃除や後片付け等、身の周りの世話をしながら修練を積んでいる クライングマン B級69位
ゼイミート 声 - 村田版にのみ登場 あらゆる運動・競技で群を抜いたパフォーマンスを見せつけた後、活躍の場をヒーロー活動へ移した(まだ体が黒光りしていない頃は髪を生やしていた)
最初は自分の顔を晒すのに躊躇いがあり、仮面をつけてヒーロー活動を行っていた 数日後にネオヒーローズへ移籍することとなる
フブキ(地獄のフブキ) 声 - B級1位 2021-07-09 16:01:15• や災害レベル 神の怪人を軽く凌駕する別次元の戦闘力を誇り 、やる気がない状態でもほとんどの敵を一撃で倒し、弾き飛ばされることはあっても傷一つ負わない頑丈な肉体を持つ
訓練された番犬の如く、その優れた嗅覚でQ市に現れる怪人を瞬時に嗅ぎ分け、速やかに退治している A級27位のスマイルマンと、B級69位のクライングマンは兄になる
ヘビィコングや桃テリーと共に、E市に出現した怪人・ネットサーファーズに立ち向かった 本人はアマイマスクをライバルだと思っているが、相手にされていない
詳しくはを参照 その社交性の低さがヒーローランクにも響いているためか、慢性的な金欠に悩んでおり(そのためお金や高価な物には弱い)、物語途中まではZ市郊外の廃墟で細々と暮らしていた
脂肪燃焼率表示機能付きの眼鏡を着用し、見た目によらず身軽な動きをする 村田版にのみ登場
暗黒盗賊団ダークマターのメルザルガルドに左腕を消し飛ばされ、以降は隻腕となる 屈指の怪人発生地域であるQ市に活動範囲を絞っている
ワイヤーロープで編んだ網などの様々なトラップを仕掛けるのが得意。 元・森の狩人。 サイタマの実績と実力を正しく評価している数少ない人物の一人であり、「サイタマは自分の何十倍も強い」と断言している。 そういった事情もありガイドブック『ヒーロー大全』ではタツマキの好きな物に妹とあるのに対しフブキの好きな物に姉とは書かれていないなど、姉に対してあまり良い印象を抱いていない。 髭を生やしているように見えるが実は鼻毛である。 15歳の頃に自らの住んでいた街と家族を狂サイボーグ(村田版では暴走サイボーグ に奪われ、自身も瀕死の重傷を負う。
13