浄土宗 本山。 知恩院

宗歌 [ ]• のうち — 1石• 木造善導大師立像(本堂安置)• 『(『観経』)• 紺紙金字後奈良天皇宸翰阿弥陀経• 宮元健次「仏像は語る」光文社新書2005年• 曼陀羅堂以前の本堂であった金堂。

『 観無量寿経疏』• 左…大師• 北法相宗 大本山() 律宗 [ ]• (昭和26年)、浄土宗西山深草派からを本山とする深草浄土宗が分派する(・昭和41年、浄土宗西山深草派に合流)。

志納所があり申込用紙に記入し受付を済ませます。

歴史 [ ] そもそもは浄土宗の開祖上人の高弟である(西山国師・西山上人)が、自らが唱えるの教えを広めたことに始まる。

このほか、唐門、集會堂(しゅえどう)、大庫裏(おおぐり、「雪香殿」とも)、小庫裏(こぐり)が重要文化財に指定されている。

また、臨時で三門の楼上および大方丈(時には小方丈も)の建物内が有料で一般公開されることがある。

81 98
いずれも寛永復興期の建築である。 大鐘楼 宝仏殿裏の石段を上った小高い場所に建つ。 (東京都)• ( 2018年11月)• 生前のお名前(俗名)で納骨いただきます。 この年が、浄土宗の立教開宗の年とされる。 これにより白旗派が主導する浄土宗の鎮西義は幕府の手厚い保護を受けることになる。
57