青山 修子。 青山修子

82
主な経歴• この優勝で、青山の2月17日付けのダブルスランキングは21位。 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア 準優勝 1. 少しずつ結果が出るようになって、それに伴い獲得賞金も増えていったと考えるのが自然ですね。 ラケットブランド:BRIDGESTONE 型:X-BLADE RZ300• 今大会での青山/柴原は、1回戦でアンドレア・クレパーチ(スロベニア)/マルタ・コスチュク(ウクライナ)を4-6 7-5 [12-10]で倒し、2回戦はカロリーナ・ムチョバ/マルケタ・ボンドルソバ(ともにチェコ)の棄権による不戦勝で勝ち上がり、準々決勝では第1シードのシェイ・スーウェイ(台湾)/バーボラ・クレイチコバ(チェコ)を6-4 6-1で破って4強入りを決めていた。 自己最高の世界ランク13位に浮上した2人のへの出場はほぼ確実だ。 ご兄弟の経歴をちらっと紹介しましたが「文武両道」を掲げていた家庭で育ったのかなと感じることが出来ます。
44
今季のWTAツアー開幕戦となる「アブダビWTA女子テニスオープン」(WTA500/アラブ首長国連邦・アブダビ/1月6~13日/賞金総額56万5530ドル/ハードコート)の女子ダブルス準決勝で、第5シードの青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)がソフィア・ケニン(アメリカ)/アイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)を6-4 6-3で退け、今季初優勝に王手をかけた。 ジュニア時代の柴原は、ジェイダ・ハート(アメリカ)とのコンビで臨んだ2016年USオープン・ジュニアのダブルスで優勝した実績を持っている。 全国から強敵が沢山集まる、切磋琢磨するには絶好の環境で、青山選手はさらに開花。 ではと組んだダブルスで金メダルを獲得しでも高畑とのペアで優勝した。 2021年1月13日 ハード 7—6 7—5 , 6—4 優勝 14. 両親は「本厚木ローンテニスクラブ」というテニスクラブを経営していました。 2019年7月よりとペアを組み、7月ので準優勝、10月のの決勝で&組を 6—3, 7—5 で破り優勝をした。 ここでも先にリードされた青山/柴原だったが、持ち味である攻撃的なプレーを見せ、4連続ポイントでタイブレークを制し、試合をイーブンに戻した。 動くことによる、メリット、リターンへのプレッシャーを計算済みなのだ。 また、日本大学第三高等学校は、スポーツクラスがあり、スポーツに力を入れている学校です。
10