動画 シェア パスワード。 【2021年版】動画の保存が可能な最強クラウドサービス5選

動画を利用し、新しいオーディエンスへリーチしたいというビジネス 当社でもWistiaのような有料のサービスを利用している一方で、YouTubeの持つ膨大なオーディエンスにもリーチするために、にも動画をアップロードしています。

合計ファイルストレージ: 無制限• そのため、他のユーザーがチャンネル ページの [動画] タブを開いても限定公開動画は表示されません。

すでに知っている、あるいはすでに使っているサービスあるかもしれません。

結論を先に言いますと、 公開する動画にパスワードを設定でき、それ以外にも便利なプライバシー設定が充実しています。

動画の最大長さ:2時間• すでにJetpackの有料会員の場合、動画配信にも利用すると良いでしょう。

2021年おすすめの動画共有プラットフォーム10選 YouTubeのホームページ は現状インターネット上で最大のシェアを誇る動画共有サイトです。

デメリット• 動画アップロードのガイドラインおよび仕様• また、カスタムプレイリストで顧客の関心のある動画を配信することが可能です。

OneDriveの特徴2: ファイルを複数にで安全に共有 OneDrive上に保存している場合は、簡単に共有することが可能な上、保存期間の制限もありません。

また「非公開」という設定でのアップロードの場合、指定したユーザーのみと共有することも可能ですが、その場合、 共有したいユーザーがGoogleアカウントを持っている必要があります。

限定公開に設定された動画と再生リストは、 リンクを知っているユーザーのみが表示し、共有することができます。

こんな人におすすめ• 一方で、ビジネスで使う場合は、冴えないしかウェブサイトに埋め込むことができないため、最適なオプションとは言えないかもしれません。

動画から潜在顧客獲得が可能• しかし、共有フォルダを作れば、その都度URLを共有しなくても、自動でファイルが共有できる点が便利です。

39 72