ベスト プラクティス 意味。 ビジネス用語「ベストプラクティス」の意味とは?正しい使い方を例文で解説!

26

日本語の意味は「最も効率が良い方法」「成功事例」「最優良事例」「最適実施例」「最適慣行」になります。

業務効率化のために、A社の例を活用して ベストプラクティスを導入する。

しかし、企業基盤が確立され活発な企業活動が行なわれている時期には、あえて取り入れる必要はなく、逆に取り入れることで混乱を起こす可能性があります。

クエリは「質問」「命令」を意味します。

各主体が個別に取り組むプラクティスと同様に、 各主体間の連携により推進されるプラクティスも重要である。

それを変革するには、社内のしがらみなどが壁になり、結局は既存の組織の考え方を踏襲した無難なものになりがちです。

「最も効率の良い方法」を導入することが求められます。

4.調査への協力依頼 本調査は、日本としてのベストプラクティスを収集・整理することを目的としたものです。

このような中で、各国が気候変動枠組条約(UNFCCC)に基づき実施しようとしている行動のうち、最も効果があると考えられる先進的な事例(ベストプラクティス)を収集し、その特徴、要素等を分析して提示することは、G8各国にとどまらず、より多くの国、地域において、さらに望ましい温暖化対策を推進していく上で、大きな助けとなるであろう。

ベストプラクティスの関連語 ベストプラクティスの似たような表記で間違えやすい用語を紹介します。

67