しめ かざり。 しめ縄の正しい飾り方をマスターして、良い年を迎えましょう!|

当日都合悪くて持ち込めなかった場合は、別の日に神社やお寺の古札納所へ持っていけば、預かってもらえるので安心です。

また最近は、スーパーやデパートの催事場で見掛けるしめ縄やしめ飾りについている飾りにも色々と種類があって、どれを買っていいのか悩まれる方もいらっしゃると思います。

こんな感じでバラバラなのが現状ですが、一つ目安をお伝えいたします。

しめ飾りを飾り一年の厄除招福を願いましょう しめ飾りについて、飾り方から処分の方法まで様々な解説をしましたが、それらを守って歳神様に来ていただき、良い一年を迎えましょう。

正月に限らず神棚や水回りに飾るもの• 注連縄の取り付けは地域や家にあった方法で行いましょう。

家で処分する方法 どうしようもなく、家で処分することになった場合、きちんとお清めをし、感謝の気持ちを込めて、神様が宿る依り代にもなると考えられるしめ飾りを処分しましょう。

ご家庭でも紐で結べるような場所があればこの方法も活用できることでしょう。

ごぼう注連・前垂れ 正月飾りとして、しめ飾りで最も一般的な形の一つが、ごぼう締めの注連縄に、前垂れが付けられているものです。

持っていって神社にどうすればいいか聞いてみるといいかもしれません。

86 6

しかし、 関西地方では昔のまま1月15日にしめ縄やしめ飾りを外す地域も多いようです。

神社の社や、神社の境内にある御神木等々で注連縄を張っています。

ちなみに、何かをする時に、六曜の吉日の大安や、凶日の仏滅を気にされる方もいると思います。

神社の社や、神社の境内にある御神木等々で注連縄を張っています。

そのしめ飾りやしめ縄ですが、自分の家が年神様を迎えるのに相応しい清らかな場所だと示すために始まったといわれています。

12月29日 しめ飾りを29日に飾ってはいけないとされる理由は、 9という数字を「苦 く 」と読めることから、 29日は9がつく末日で、「苦待つ」、29日が「二重苦」と読めるため縁起が悪いとされるからです。

新聞紙を引くのは、この塩をかけて最後につつむためです。

ある日、天照大神(あまてらすおおみかみ)は、弟である須佐之雄命(すさのおのみこと)が悪さばかりをする事に怒ってしまい、天の岩屋へと隠れてしまいました。

35