ペパーミント ティー 効能。 ペパーミントティーの効能や飲み方、おすすめブレンド【口コミ付】

47
アレルギー症状の緩和 という効果が期待されています。 基本の作り方 ティーポットにティースプーン1杯のペパーミントティーを入れ、熱湯を注ぎ5分程蒸らせば完成です。 タンパク質の分解・消化をサポートする• そばで息を吸えば、徐々に毒素が体内に蓄積されていきます。 しかし、できれば春〜初夏にかけて出回るものを選ぶようにします。 「このハーブティーを飲んだ後には、運転やアルコールの摂取は控えてください」という注意書きがあります。
52
ちなみにスーパーマーケットでも、料理用ハーブとしてパック入りのフレッシュスペアミントを目にすることがあります 血圧を上昇させる作用があるので高血圧の人は摂取を控える• 過剰な皮脂の分泌を抑制し、肌をひきしめる効果• 肝臓を強くする(強肝作用) 解毒・代謝に関わる重要な臓器「肝臓」
また、 ペパーミントティーを飲むと胃液の分泌が促されるため、食べものがより効率よく消化されるようになり、下痢や便秘の改善へと繋がります スペアミント ペパーミントの原種で、実は欧米の料理に使われているミントのほとんどがスペアミントといわれています
そのため、ペパーミントティーは、デトックスのためにも使用されます メントン この成分は、ペパーミントに含まれる精油の一つです
スペアミントの量は前述の「基本の作り方」でご紹介した分量を目安に、お好みで調節して下さいね また、雑草並みに生命力が強いため、今後もっと種類が増えていく可能性もあるとされています
胃の調子を整える• また、ミントのスッキリとした香りは、 乗り物酔いの時の嫌な気分を解消してくれる働きもあるのです ペパーミントティーを飲んだ後に、 頭痛、めまい、口内炎などのアレルギー症状が現れた時は、飲用を止めてください
となると、ランチ後の疲労はフルマラソン(42. またギリシャ神話だけでなく、紀元前1000年前後のエジプトのお墓からミントの一種が発見されています 注意事項• ペパーミントティーの要点• 成分名 効果・効能 l-カルボン(精油) 健胃作用、駆風作用、粘液溶解作用、鎮静作用 ロスマリン酸 脳の認知機能向上、活力アップ リモネン(精油) 消化促進作用、食欲増進作用、肝臓強壮作用 クロロゲン酸 抗酸化作用、健胃整腸作用、代謝性疾患の改善 スペアミントティーの効果・効能について、成分別に見ていきます
脳を活性化し、リフレッシュして活力をアップさせる• 口や鼻が一瞬にしてさっぱり爽快になります 胃腸の調子を整えてくれるハーブティー
食べ過ぎ・飲み過ぎの時の消化を助ける• たまたま買ってあったペパーミントティーが、胃腸の調子を高める効果があると知り、試してみるととてもおいしく感じられ、身体が欲しているかのようだったので、1日に数杯、積極的に飲んでみると、4,5日後には 胃腸が元気になり、食欲も増し、元気に活動できるようになりました メントンが消化を助け、胃部不快感を和らげる 精油中に含まれる成分の1つで、メントール同様にハッカの芳香があります
けれども実は、ハーブティーをはじめとした料理だけでなく、虫よけ・入浴剤・マッサージなどにも使える、非常に使い道の多い植物なのです! 今回は、そんなペパーミントが持つ効果・効能や、おすすめの活用方法・保存方法についてご紹介します ハーブティーとしての効能は、 胃腸のトラブルの改善に役立ちます
生活習慣病の予防• 消化器官の不調の改善 という効果が期待されています 膨満感改善• その他、抗菌作用があるのでのどの痛みにも有効です