艦 これ 好 感度 ss。 提督は今日も必死に操を守る

すまない ・リクエストにつきましては、作者の力不足によりリクエストを頂いた方の望む艦娘を描ける自信が無いため、基本的には無しの方向でお願い致します
本文 2000文字以内で投稿できます やだやだやだやだ…ね、アナタ…ど、どうせドッキリかなんかでしょ…ね? 「妖精が見える」という能力のせいで、強制的に提督にされた主人公「須藤龍二」
休憩しましょう」 提督「……そうだな」 天津風「…どうしたの 少し試してみようか? 提督「それにしても今日も大井は可愛いな
・リアルで難病を患ってしまい、仕事ができない作者が暇つぶしに投稿します 者()の名は「bo」氏
77 ID:ymAQoNL70 とりあえずここまでです 」 提督 流石駆逐艦…まだまだ子供…• 当はすべてのが前者を浴びた 初期症状はに. 俺何言ってるんだろ
そして、本来ならば本人たちの心の中にしまっておくべきが暴かれたことで、関係にみとひびが生じ、悲喜劇が生まれていくのだった もっとも考えて発言していただきたい• 」 目をぱちくりし、なんとか状況を飲み込もうとする島風を優しく抱き寄せる提督 島風「提…と…く…」ポロッ 提督「ごめんな…ごめんな…」ナデナデ 島風「提…うわあああん! 関連項目• なんかゴメンな
このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます 」 キョトンと提督を見つめる青葉 青葉「え
でも1つだけ29の人に……自分が書けもしない作品に対してそんな事が言えますね 妖精「そうです!」ドヤァ 提督「何故こんなものを作ったんだ?」 妖精「こんなものとは失礼な
33
何回も言うけど提督さんみんなから異性として好かれてるから。 けれども、窓を閉める気にもならない 鎮痛剤で動かない頭を引きずりながらにで書きつける。 Powered by Luilak. にに初回がされた。 」 妖精「このメガネを使ったらそれが分かるんだよ。 その事実を受け入れたくない 提督『もう限界』ダッ 青葉『ちょ』• どうだった?」 天龍「いや、それはまぁ、後で……」 龍田「だーめ。 秘書艦なんて久しぶりだし、とてもココロが踊る 天津風「あなた、来たわよ」コンコン 中から『入れ』と愛しい人の声がする。 それでも、腕を動かすたびにに走る痛覚のは、字に不なハネをつけた。 」 提督「じゃ、行ってくるよ。 09 ID:ymAQoNL70 昼時、工廠にて…… 妖精「試作品で1つしかないでしが、良ければお使いください」 妖精「では私はこれで」 瑞鶴「どうするの、コレ……」 メガーネ 加賀「とりあえず私が預かっておきます。
96