コロナ ワクチン いつ できる。 新型コロナワクチンの接種についてのお知らせ|厚生労働省

FEATURES of THEME テーマ別特集• また、 ファイザー製は12歳以上が対象となり、 モデルナ製は18歳以上が対象となります。
当てはまるかどうかや、ワクチンを受けて良いか、ご不明な方は、その病気を診てもらっている主治医にご相談ください。 詳細は. 接種を受ける際の同意 新型コロナワクチンの接種は、国民の皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。 現時点で分かっていることなどを以下にまとめた。 油断してはいけない」と話しています。 5つ目は市町村などが独自に行っているワクチン接種。 接種を受ける際の費用 全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。 複数の方法を進めていて、ウイルスの殻だけで遺伝子がないVLP(ウイルス様粒子)ワクチン、ウイルスから毒性をなくした不活化ワクチン、薬剤で変異を起こしてウイルスを弱毒化した生ワクチン、に取り組んでいます。
82