グアテマラ コーヒー。 グアテマラのコーヒー豆の特徴と味わいを徹底解説

でもフェンス等はないので、 だれでも気軽に触れることができる。 言語:スペイン語• もう少し近づいて見ましょう。 カペティロ アイスブレンドを取り扱う土居珈琲 焙煎士が自信を持っておすすめするコーヒーには、土居珈琲のこだわりがいっぱい詰まっています。 グアテマラの基礎情報• ただ、グアテマラの場所を明確に言える人は少ないのではないでしょうか? グアテマラは中米のメキシコの下にあります。 左手に見えるのはとある村の普通の建物。 通常価格よりお得な「短期定期便コース」の対象商品です。 また、コーヒーの抽出方法にもこだわり、1杯のコーヒーにより時間を掛けて提供するようになりました。 また、チョコレートもグアテマラと同様、リラックス効果が高いことで知られています。 中米を代表するコーヒー生産大国• 標高が高いものほど高品質とされ、標高1300メートル以上で栽培されるSHBが最上級豆。
標高や気候条件が微妙に異なるので、同じグアテマラ産のコーヒーだとしても地域ごとにそれぞれ特徴があります。 グアテマラコーヒーは一人ひとりの苦みや酸味の好みに合わせやすい、万能なコーヒーと言えそうです。 ミネラルを含む土壌、高地で降水量が多い点など、ヌエボオリエントは栽培における好条件を備えた世界有数のコーヒー生産地です。 ( 売値は後述) このレベルになってようやく、 販売用にコーヒーが作られ始める。 このノートは現在グアテマラに住む僕が グアテマラのコーヒー事情の裏側について書いたものです。 甘い香りと強めの酸味、強いコクが特徴ですが、水洗式の精製方法をとっているためか、口当たりはやわらかくてなめらか。 しかし、アンティグアにコーヒーチェリーをそのまま持ち込みアンティグアで精製するという不正行為が跡を絶たず、APCA認証のある農家であっても、本当にアンティグア産か疑わしいものも多々ある。 人口はおよそ1,400万人を有し国土面積は108,090平方キロメートルほどです。

気温が高く乾燥した地域で、シェードツリーを利用したコーヒー作りを行っています。

国内経済を安定させると同時に、環境への負荷をへらし、長期にわたって持続可能なコーヒー農園を目指しています。

中米で最も高いタフムルコ山(標高4,220メートル)をはじめ、108,000㎢の国内に37の火山を有します。

アンティグア(Antigua)産地 豊かな火山性土壌があり、温度が低く長い日照時間、涼しい夜がアンティグア地方の特徴です。

当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。

グレード 標高 SHB スクリクトリー・ハード・ビーン 1300m以上 HB ハード・ビーン 1200-1300m EPW エクストラ・プライム・ウォッシュド 900-1050m 生産地 グアテマラには8つの有名な生産地があります。

近づいてみると ちょこちょことコーヒーの実が見える。