キュウビモン スト。 キュウビモン (きゅうびもん)とは【ピクシブ百科事典】

体付きもシャープなものとなり、その体の煌きと動きの鋭さから敵はオメガシャウトモンの姿を追い切れず光の残像として目撃する事しかできない。

永久凍土で覆われた極寒の地を統治する存在で、全身の体毛は氷の結晶のように硬質化し、その硬度はクロンデジゾイド並のものを誇ると言われている。

エオスモン(成熟期) [ ]• 女性的な身なりであり、本当の性別については本人曰く「本来、デジモンには性別は存在しない」とのことだが、留姫の母は女性として扱った。 友達として鳥の「オリーブ」と貝の「ホタン」を連れており、彼女が気兼ねなく接し合える話相手となっている。 0 100 25/バッグインボックス 250/POLドラム キレスト2K EDTA・2H・2K・2H 2O 404 98以上 白色結晶性粉末 4. 0 242 25/紙袋 150-38-9 キレストC EDTA・H・3Na・3H 2O 412 98以上 白色結晶性粉末 7. Flaming ice• 小学生であるルキの歳相応の振る舞いや疑問に対しては、保護者ともとれるような態度で接している。 遊離酸は、水、アルコール、エーテル、アセトン、有機溶剤、石油系溶剤には溶けませんが5%以上の無機酸には溶解します。 楽曲 [ ]• 4体の強大なデジモンが融合しているため、身体のパワーバランスが崩れており、その力のほとんどが集約された両腕が異常に肥大化している。 漫画『』では八神太一のパートナー・ゼロマルの完全体として登場。
38 61 32