遺伝 的 アルゴリズム エッチ。 遺伝的アルゴリズムで色気のある画像が生成されていく──究極の2択システム

投稿関連• このページの内容は、遺伝的アルゴリズム、ひいては人類自体の可能性を追求するために必要な、学術的に価値のあるコンテンツです。

実際にやりとりされるデータ draw. 書くこともなくなったのでここらへんで終わりにします 追記 完全に忘れていましたがイラストの無断使用はかなり怪しいところがありますね。

グーグルも認めたエッチさ! Googleの人から「エッチなのはダメです!」と怒られました。

いまだ抽象画のような状態ですが、素朴ながらおっぱいに見える部分が現れているのには驚かされます。

事後とはいえ作者が容認する考えを示したこと• 確かに「裸体を示唆する画像」の説明が(より) 「」は群青ちきんさんが自身のサイト「」で1月10日に公開し始まった企画。

— 群青ちきん miseromisero 詳しい説明はを読んでほしいが、二つの画像からエッチな方を選んでいくことで、よりエッチな画像とその画像を構成する図形=遺伝子が生き残っていって、自然淘汰されることでエッチな画像が出来上がっていく……という仕組みらしい。

群青ちきん:今後は、人体の細部を詰めていくか、背景に着手するか、人がもう一人生まれるのか……予想ができません。

ピークはすでに過ぎていて安定状態だったこと• こちらを制作したのは、 小池百合子都知事の印象的なセリフ「密です」をモチーフにした「 密ですゲーム」で話題になった 群青ちきんさんです。

プロジェクトは成功し、見事広告は停止されましたが、群青ちきんさんのサイトでは引き続き企画を継続中。

34
冒頭の画像のような2択問題に答えていくだけ。 プロジェクトに参加する集団によって結果は変わるのか? このプロジェクト、1月13日に一回処理を変えたことでデータが一度飛んでいるのだが、飛ぶ前にもおっぱいができていておっぱい中心に人体ができそうだったのが面白い。 そもそも投票システムが成り立ってたのが奇跡• 世代が1つ進むと、ではない画像は淘汰され、よりになった画像の新しい選別が始まる。 しかしこれもたまたま生き残った形なだけなんだろうなあ。 「進化」という長期スパンでしか観測できない現象を人間レベルの時間間隔で確認できる非常に面白い企画なので、参加してみるといいんじゃないかな。 インテリジェントデザイン論者にはこの企画を教えてあげるべきだね。 まさか前の記事から1カ月足らずでここまで進化するとは……。 から開始しており、最初はただのだったところから、、腿、顔、・口・、腕が徐々に生成されてきた。
57