浜松 中納言 物語。 無名草子十 濱松中納言物語(現代語訳)

63

三島は『春の雪』において、〈会話のはしばしにまで、古いの言葉の再現〉をしたとし、〈あと十年もたてば、これらの言葉は全くの死語となるであらう〉と述べ 、『春の雪』は、〈『』や『』の系列の延長線上にあるもの〉としている。

ただし、これは時代相との関わりで考えていけるのではないかと思うが、『源氏物語』の世界を限りなく志向しながら、まったく異なる要素も見出すことができる。

透が清水港で通信員をしている時からの知り合い。

番地を見たら、私の住むアパートからとても近い。

池田利夫「祖形本浜松中納言物語巻二 零本 の新出」紫式部学会編『古代文学論叢 第十四輯 源氏物語とその前後研究と資料』武蔵野書院、1997年(平成9年)7月、pp. 337-339• 都まで戻り自身の妻・尼となった左大将の大君(尼大君)・尼大君が産んだ自身の子である児姫君と対面する。

……南の国のの光りの中で。

東京教育大学図書館蔵本(教) 4巻4冊本• 天理図書館蔵藤井乙男旧蔵本(理) 4巻4冊本• 池田利夫「浜松中納言物語の夢-下-」『藝文研究』第19号、1965年(昭和40年)1月、pp. 松尾聡「浜松中納言物語伝本考 -本文批評の実例を示すための-」『学習院大学文学部研究年報』第1輯、1954年(昭和29年)12月、pp. またその他に『今とりかえばや』への影響が指摘されることもある 装幀:新潮社装幀室
翻訳版は、『春の雪』『奔馬』は英米のMichael Gallagher訳(英題:Spring Snow、Runaway Horses)、(伊題:Neve di primavera、Cavalli in fuga)、『暁の寺』は英米のCecilia Segawa Seigle、D. 三島は、取材や想が熟さないところは後回しにして、書けるところから書く方法を取り、8月24日頃に最終回部分(第26-30章)を概ね書き上げ、原稿のコピーを新潮社の出版部長・新田敞に渡している 平安後期の物語
音楽・演奏:• 透は次第に的になっていき、養父・本多が決めた婚約者の百子を陥れて婚約破棄にする 『王朝物語秀歌選 下』岩波文庫、1989年(平成元年)2月、p. 本多は聡子に会いたいと思ったが戦局のきびしさでままならなかった
函(裏)に、、による作品評 どうしても京都へ行きたいと毎日仏に手をあわせて祈った様子が、『更級日記』の冒頭に出てきます
装幀: クリッサダ殿下(クリ)(18 - 19歳) パッタナディド殿下のいとこ
実はこの中納言が結ばれた「唐后そっくりの女性」は唐后その人であったが名乗ることなく若君と共に姿をくらましてしまう 亡くなった父親が自分よりも年下の皇子という設定もすごいですね
青銀色帯 井上眞弓「浜松中納言物語 作者」井上眞弓他編『平安後期物語』翰林書房、2012年(平成24年)4月、p. 中納言は帰国後も唐后への思いを忘れられないため、帝から承香殿女宮降嫁の話があったときも、驚いて退出してしまう
53