くら 寿司 新宿。 【コロナ対策バッチリ】くら寿司が全店舗で完全コンタクトレス&タッチレス導入を目指す!初の都心型店舗を渋谷&新宿にオープン

受付時に発券された案内票を読み込み、現金のほか、クレジットカード、バーコード決済が選べる 半個室感覚のテーブル席でゆっくり食事ができる 店内のテーブル席は2人で利用すると、かなりゆったりスペース
【グローバル旗艦店 大阪 】 浅草ROX店のようなお寿司を通じて日本文化を世界に発信していく「グローバル旗艦店」が大阪にオープン 色々な寿司を食べたい方にはシャリハーフもおすすめ またシャリが大きいと、色々食べられなかったりするのですが、こちらはネタによってはシャリハーフでも注文できます
事前に予約をするとスムーズに着席できます 皿を少し上に上げるとカバーが開くので、カバーに触れずに取ることができるのはうれしいポイント
渋谷駅前店はボックス席のほか、カウンターも9席もある くら寿司では都心型店舗として、1月28日 木 に武蔵小杉店、2月5日 金 には赤羽駅東口店をオープンする予定だ いずれの店舗も価格帯は一皿121円と、通常店舗より高い設定となる代わりに、アルコールメニュー数を倍に増やすなど、都心部ならではの需要を満たす商品やサービスを展開していく
受付が済むとテーブル番号が記されたレシート 案内票 が発券されるので、店内の案内表示に沿って自分のテーブルに着席 20時まで提供と、遅い時間まで利用できるのもいいですね
注文はタッチパネルor自分のスマートフォンで注文できる 廻ってくる寿司は、全てカバーがかけられているのも、嬉しいポイント 渋谷駅前店はスクランブル交差点からすぐ、渋谷駅から地下通路で接続したビルの7階に出店
テーブルを広くスッキリと使うために、調味料などはテーブルの中に収納 醤油や粉末緑茶、ガリなどの調味料セットはそのまま引き出して使える 注文は席にあるタッチパネルか、自分のスマートフォンで行う
いずれの店舗も価格帯は一皿121円と、通常店舗より高い設定となる代わりに、アルコールメニュー数を倍に増やすなど、都心部ならではの需要を満たす商品やサービスを展開していく 皿を少し上に上げるとカバーが開くので、カバーに触れずに取ることができるのはうれしいポイント
食べ終わったお皿は「皿カウンター水回収システム」へ投入すると 5皿に1回「ビッくらポン!」で素敵な景品が当たります なお、緊急事態宣言期間中の店内営業時間は20時までとなりますが、テイクアウトについては、時間延長してお客様にご対応いたします